妊娠検査薬で妊娠をチェックしよう

妊娠

赤ちゃんを待ち望んでいる人にとって、今月妊娠しているかどうか気になるところです。妊娠をしているかどうかを手軽に調べるためには妊娠検査薬が便利ですが、では実際この検査薬はいつから調べることができるのでしょうか。フライングしないためにもおすすめの検査期間を紹介しているので参考にしてください。

フライング検査では正しい結果がでないので注意

子供が欲しい人にとって、毎月妊娠しているかどうかとても気になりますよね。妊娠をしているかどうか簡単にチェックするためには市販の妊娠検査薬を用いることが多くありますが、あまり早く検査をしてしまっても正確に検査結果がでない場合もあるので注意が必要です。また、この妊娠検査薬自体安いものではないですから、できれば一度でチェックできれば安心ですよね。この妊娠検査薬は子宮内膜で卵子の着床を保つために絨毛組織からhCGが分泌されるのですが、このhCGに反応して妊娠しているかどうかをチェックする仕組みになっています。きちんと反応を示した場合はほとんどの場合、妊娠をしていることになりますが、妊娠しているという結果がでた場合でもきちんと産婦人科でチェックしてもらうことが大切です。

また検査するタイミングですが、あまり早く検査をしてもhCGが分泌されていない段階では反応がありません。そのため、一般的な妊娠検査薬の場合では生理予定日の1週間後から使用することをおすすめします。購入はドラッグストアなど薬局で手軽に入手することができます。もし妊娠している可能性があるのであれば、生理予定の1週間後から早い段階でチェックしてみると良いでしょう。また、生理が不順な場合であったり妊娠初期の場合はhCGの分泌が少ない場合もあるので、期間をおいて再度チェックすることをおすすめします。

ただし、中には不妊治療などおこなっている人もいるかもしれません。その場合、治療薬にhCGが成分として含まれている場合もあるので、正しい結果がでない場合もあるでしょう。その場合は医師の判断を仰ぐことをおすすめします。子供を待ち望んでいる人にとっては妊娠しているかどうかどきどきするものではないでしょうか。必ず妊娠するわけではありませんし、タイミングであったり体の状態によっても受精するかどうかが変わってくるので、体調を万全にしておくようにしましょう。

判定が曖昧な場合は再度検査をしよう

妊娠しているかどうか気になる場合、やはり少しでもはやく結果を知りたくなってしまいます。そのため、フライングで検査をする人も中にはいますが、正しい結果を待つのであれば生理予定日より1週間待つことが大切です。また、使い方ですが尿を妊娠検査薬にかけるだけで簡単にチェックすることができます。かける秒数は商品によって多少異なります。尿をかけたあとは横にしておいておきましょう。そうすることで妊娠しているかどうか検査結果を得ることができます。毎月規則正しく排卵をしていても、必ずしも妊娠するとは限りません。

妊娠するまでの期間は人それぞれであり、体の状態によってはなかなか妊娠しない場合もあるでしょう。近年出産する女性の年齢が上がり、不妊治療をおこなう人が増えてきています。やはり年齢が上がれば上がるほど妊娠する可能性が徐々に低くなってしまいます。また、不妊の原因は女性ばかりにあるわけではありません。中には男性不妊の場合もあるので、なかなか妊娠しない場合はきちんと産婦人科などの病院で診てもらうようにしましょう。妊娠をするためには女性も男性も協力し合うことが大切です。一方だけが頑張るのではなく、二人で協力することが大切になります。妊娠検査薬は妊娠しているかどうかを知るための手軽な方法です。精度も高く簡単に誰でも使うことができます。

ただし、中には判定の線が薄かったり微妙な場合も中にはあります。使用するタイミングが早すぎた場合や受精卵がしっかり着床していなかったという場合もあるでしょう。判定が微妙な場合も再度チェックしてみたり病院で診てもらうことをおすすめします。

赤ちゃんとお母さんの大切な時間

妊娠しているかどうかもっと早く知りたいという場合は早期にチェックすることができる検査薬もあります。早期妊娠検査薬やhCGに対する反応が強くなっており、生理予定日の5日から1週間前から使用することができます。1日でも早く妊娠しているか知りたいという人はこちらの検査薬を使用してみましょう。妊娠検査薬に反応がでればあとは病院でしっかり赤ちゃんの状態を診てもらうことになります。まだ検査薬に反応を示した早期の段階では赤ちゃんの心拍までは確認することができないかもしれません。また、妊娠をすることで女性の体にはさまざまな変化がでてきます。妊娠初期にはつわりがでたり、胸も乳腺が発達し大きくなっていくでしょう。このような変化は赤ちゃんがお腹の中で育っている証拠です。10ヵ月という長い期間をお母さんと赤ちゃんは一緒に過ごします。このお腹の中にいる期間はとても大切な期間であり、赤ちゃんはお母さんからたくさんの栄養をもらってすくすく成長していくでしょう。

妊娠初期の段階ではまだ丸く小さかった赤ちゃんも徐々に人間らしい体に成長していきます。最近のエコーは大変性能がよいものが多く、赤ちゃんの顔までくっきり見えるものもあるでしょう。また、気になる性別ですが、早ければ12週、13週あたりからわかる場合もあります。だいたいは15週あたりからはっきりとしてくるでしょう。男の子でも女の子でも我が子はかわいいものです。生まれてくるその日まで、お母さんのお腹の中で大切に育っていくでしょう。子供が欲しい人にとっては毎月妊娠をチェックする際は不安になるものではないでしょうか。

そのため、どうしても早く検査をしたくなってしまいますが、結果を正しく知るためにも検査できる期間まで待つことが大切です。卵子と精子が出会い、上手く受精をし、そして子宮へ着床します。人間が生まれるということは本当に神秘的なことではないでしょうか。スムーズに妊娠につなげるためには妊娠しやすい体の環境づくりも大切になります。冷え性の人の場合は体を温め血行をよくしたり、乱れた食生活も改善しなければいけません。また、睡眠不足やストレスなども影響する場合もあるので、まずは生活環境を整え、心身共に万全の体勢でいることが大切です。妊娠をすることは簡単なことではありません。いざ子供が欲しいと思ったときになかなかできない場合もあります。そのため、普段からの自分の生活を見直すことも大切です。

まとめ

子供が欲しい場合、妊娠検査薬を用いてチェックする人も多いのではないでしょうか。この検査薬は、検査タイミングを間違えてしまうと正しい検査結果がでないので注意が必要です。一般的な検査薬の場合、生理予定日の1週間後から検査することが可能です。しかし生理周期が安定していなかったり不妊治療をしている場合は注意が必要です。妊娠はタイミングなども重要であり、必ずしも妊娠するとは限りません。体の状態なども影響してくるので、妊娠しやすい体づくりをすることをおすすめします。また、なかなか妊娠しない場合、女性だけでなく男性側にも問題がある場合もあるでしょう。女性ばかりが検査をするのではなく、男性も一緒に検査をすることをおすすめします。また、検査をした際に反応があった場合はできるだけ早く産婦人科など受診しましょう。反応がでた際でも100%間違いないとは言いきれないので病院で検査を受けることをおすすめします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧