MENU

横浜でそばかすレーザーが人気のクリニック13選!そばかすの種類と治療法まとめ

「そばかすが多くて目立つ」「色が濃くなっている気がする」など、そばかすで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そばかすは肌にメラニン色素が沈着したもので、紫外線や遺伝などが主な原因です。大人になると自然に消える場合があるものの、なるべく早くそばかすを改善したい方もいるでしょう。

また市販の美白化粧品や美白サプリも販売されていますが、より高い効果を期待するのならレーザー治療がおすすめです。

本記事では、横浜でそばかすのレーザー治療ができる人気の美容クリニックを13院紹介します。原因や予防法などもまとめているので、そばかすで悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

そばかすが目立つ原因

そばかすは、肌の表面にあるメラニン色素が、紫外線によって過剰に生成された結果、集まってできる小さな斑点のことです。

そばかすが目立つ原因は、次のとおりです。

  • 遺伝
  • 紫外線

そばかすが目立つ原因を知ることで、事前にできる対策も検討できます。そばかすとシミの違いもわかるので、ぜひチェックしてみてください。

遺伝

そばかすができる大きな原因は遺伝です。メラニンには、黒色メラニンであるユーメラニンと、赤色から黄色のフェオメラニンの2種類があります。

2種類のメラニンの含有量によって、肌や髪の色は決定します。そばかすができやすいのはフェオメラニンです。

フェオメラニンが多いほど、肌色は白くなる傾向があり、そばかすができやすい体質になります。フェオメラニンの含有量は遺伝するため、そばかすのある親を持つ子どもは、同じくそばかすができやすくなります。

紫外線

そばかすの主な原因は遺伝性によるものですが、大抵の場合は大人になると薄くなり、消えるものです。しかし、もともとそばかすができやすい方が紫外線の影響を受けすぎた場合、数が増えたり色が濃くなったりするケースもあります。

また、そばかすができやすい体質ではない方でも、紫外線やストレス、生活習慣の乱れなどの外的要因により、肌細胞のメラニン色素が過剰に生成された結果、そばかすができるケースもあります。

紫外線による影響は肌に大きなダメージを残すため、普段から油断せずに紫外線対策をきちんとしましょう

シミとは異なる点

一般的にはそばかすはシミの仲間です。しかし、そばかすは先天的なものであるのに対して、シミは後天的なものである点が大きく異なります。

また、そばかすは鼻や頬を中心として、左右対称に5ミリ以下の小さな斑点が散らばるように現れる点が特徴です。

一方でシミは、できる部位や大きさなど決まっていません。さらに、そばかすとシミは発生時期も異なります。シミは紫外線や肌の炎症などのダメージを受けたあと、もしくは加齢などが原因で後天的に現れますが、そばかすは早ければ3歳頃からできます。

そばかすはシミの一種として認識されやすいですが、発生時期や特徴などの異なる点が複数あるため、別物として捉えましょう。

シミの種類

そばかすもシミの一種と解説しましたが、シミには他にもさまざまな種類があります。同じシミでも、できる原因やできやすい部位、色など、さまざまな点が異なるので、ここでまとめて紹介します。

  • 色素沈着
  • 雀卵斑
  • 肝斑
  • 老人性色素斑
  • 脂漏性角化症
  • 後天性真皮メラノサイトーシス

しかし特徴や原因を把握できれば、シミの予防はできます。キレイで若々しい肌を目指したい方は、ぜひチェックしてみてください。

色素沈着

  • 摩擦や怪我など、肌へのダメージが原因でできる傾向がある
  • 時間が経てば薄くなる場合もある
  • さまざまな部位にできる

色素沈着とは、皮膚の一部分の色が濃くなったり、黒ずんだりする症状のことです。色素沈着は、炎症やホルモンバランスの乱れ、加齢などが原因でメラニンと呼ばれる色素が皮膚にたまることでできます。

メラニン色素は紫外線を吸収する特徴があるため、色素沈着を予防する場合は紫外線対策をおこないましょう

雀卵斑

  • 一般的なシミより小さい
  • 褐色で左右対称にできる
  • 3歳頃からできやすい

雀卵斑(じゃくらんはん)は、皮膚表面に数ミリ程度の小さな茶色い斑点状にできるシミのことです。いわゆるそばかすのことを指します。顔に出ることが多く、遺伝や紫外線が原因です。

男性より女性に多く見られるシミで、3歳頃から発生して大人になると薄くなったり、消えたりするケースもあります。

肝斑

  • 20〜40代の女性ができやすい
  • 閉経後に薄くなることがある

肝斑とは顔や手の甲、腕や足などにできる褐色のシミのことです。メラニン色素が皮膚の表面に沈着して発生します。肌色が白い女性に多くでる傾向があり、妊娠やホルモンバランスの乱れなどによって悪化する危険性があります

肝斑は病気ではありませんが、目立ちやすいので気になる方も多いでしょう。しかし、閉経後は女性ホルモンの分泌が減少するため、肝斑が薄くなることもあります。

老人性色素斑

  • サイズや形がさまざま
  • 紫外線の影響を受けやすい部位にできる
  • 30代以降ででき始める

老人性色素斑とは、紫外線や加齢の影響で肌にできるシミの一種です。加齢によって、皮膚の細胞がダメージを受けやすくなり、紫外線や環境ストレスなどが原因で発生します。

顔や手の甲、腕や肩など、紫外線の影響を受けやすい部位にできやすい点が特徴です。また形や大きさもさまざまで、数センチの大きさになることもあります。一般的にシミと呼ばれるのは、この老人性色素斑のことです。

脂漏性角化症

  • どの場所にでもできる
  • イボ状になる

脂漏性角化症は、高齢者によく見られる非がん性の皮膚の成長です。イボ状に盛り上がるため、他のシミとは異なる見た目になります。

脂漏性角化症の原因は正確に判明していないものの、遺伝や紫外線、皮脂の過剰分泌、毛包の炎症、真菌感染、ストレスなどが関与していると考えられています。

放置しても問題はありませんが、稀に悪性の場合もあるので、気になるときはクリニックで医師の診察を受けましょう。

後天性真皮メラノサイトーシス

  • 黒褐色や青みがかった斑点のシミ
  • 20代頃からでき始める傾向がある 

後天性真皮メラノサイトーシスは、皮膚の真皮層にあるメラノサイトが過剰に蓄積した結果、黒褐色や青みがかった斑点がでる皮膚疾患のひとつです。

おもに顔や手、足などに現れます。原因は判明していないものの、紫外線や炎症、ホルモンバランスの乱れなどが関係しているとされています。

後天性真皮メラノサイトーシスは、稀に悪性化する場合もあるため、違和感がある場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

そばかすを薄くする治療法

そばかすを薄くするには下記の3つの方法がおすすめです。

ターンオーバーを促進する

毎日の紫外線対策をしっかりおこなう

美容医療を検討する

ターンオーバーを促進するとシミが薄くなる効果が期待できます。ターンオーバーとは、肌細胞が古くなって剥がれ落ち、新しい肌細胞が生まれる過程のことです。

肌が新しく生まれ変わり、そばかすの色素が肌表面から剥がれ落ちて薄くなる効果が期待できます。ターンオーバーを促進するためには、毎日のスキンケアや食事、睡眠などの生活習慣を整えることが重要です。

そばかすは紫外線の影響で増えたり、色が濃くなったりします。日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線対策をおこない、ダメージを蓄積しないように心がけることも大切です。

ターンオーバーや紫外線対策をしても効果がみられない場合は、医療美容を検討してみましょう。そばかすを薄くする効果を求めるのなら、レーザー治療がおすすめです。

レーザー治療ならメラニン色素を分解でき、肌の内側からキレイにできる可能性があります。レーザー治療は費用がかかるものの、高い効果が期待できるため、美容クリニックを探してみましょう。

そばかす除去にレーザーが選ばれることが多い理由

そばかすやシミを改善する方法には、ケイカルピーリングや美容注射などさまざまな方法があります。しかし、なかでもそばかすの除去におすすめなのはレーザー治療です。

ここでは、なぜそばかす除去にレーザーが選ばれることが多いのか理由を解説します。

  • 肌の深層にあるメラニン色素にアプローチ
  • 1回の照射で薄くできる
  • くすみや毛穴の治療もできる

レーザー治療はそばかす除去以外にも、さまざまな効果が期待できるため、ぜひ検討してみてください。

肌の深層にあるメラニン色素にアプローチ

そばかすは皮膚内部にあるメラニン色素が原因のため、セルフケアではなかなか取り除くことはできません。

しかしレーザー治療は肌の深層にまでアプローチでき、そばかすの原因になっているメラニン色素を破壊する効果が期待できます。そのためレーザー治療であれば、早い段階で効果を実感できるメリットがあります。

1回の照射で薄くできる

レーザー治療なら施術1回でも効果を実感できます。レーザー治療は肌の内側にあるメラニン色素を直接破壊でき、1回の施術でもそばかすが薄くなります。

ただし、そばかすの状況や色素の量には個人差があるため、1回で満足するほど薄くできない場合があることも知っておきましょう。そばかすの状態によっては、複数回クリニックに通うケースもあります。

くすみや毛穴の治療もできる

レーザー治療はくすみや毛穴の改善にも効果が期待できます。レーザーはメラニン色素を破壊するのみでなく、肌のターンオーバーを促進したり、コラーゲンの生成を刺激したりする効果もあるためです。

くすみの原因になっている肌表面の老廃物や角質、皮脂を取り除くことで、肌に透明感やハリがでます。さらに毛穴を引き締め、皮脂の分泌を抑える効果もあり、毛穴の開きが気になる肌も改善できる可能性があります。

レーザーはそばかすを除去する以外にも、さまざまなメリットがあるため、美肌を目指している方にもおすすめです。

そばかすのレーザー治療に使用される主なレーザー機器

レーザー治療と一括りにしても、レーザーにはさまざまな種類があります。ここではおもにそばかす除去で利用される6つのレーザーについて解説します。

  • フォトフェイシャルステラM22
  • フォトフェイシャル
  • オーロラ
  • Eライト
  • E-max
  • ePlus

それぞれに特徴があるため、自身の望む結果を目指せるレーザーを探してみてください。

フォトフェイシャルステラM22

フォトフェイシャルステラM22は、IPLと呼ばれる特殊な光エネルギーで、そばかすの原因になるメラニン色素にダメージを与えて除去する美肌治療機器です。

厚生労働省の認可を得ており、一定水準の安全性と効果が期待できます。5種類のフィルターがあり、症状にあわせて波長のカスタマイズが可能です。そばかすのみでなく、シミやくすみ、赤ら顔、毛穴の開きなど、幅広い肌悩みに対応できます。

基本的にダウンタイムはなく、治療時間も短いため気軽に受けられるレーザー治療といえるでしょう。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルはそばかすの原因であるメラニン色素にIPLと呼ばれる光を当て、そばかすを改善する美容機器です。アメリカの医師により開発されました。

フォトフェイシャルの光は赤色や黒色に反応するため、そばかすのみでなく、シミや赤ら顔など、肌の色に関するトラブルもまとめて改善ができます。

また光エネルギーによる温熱効果で肌細胞が活性化し、コラーゲンの生成を促進する効果があるため、キメやハリのある肌に導きます。

レーザーは単一の波長の光でできていますが、フォトフェイシャルは波長に幅があり、何色もの光が集まってできているため、肌へのダメージが少ない点も大きな魅力です。

オーロラ

オーロラは、IPLを進化させたAPLエネルギーに、RFエネルギーを加えて照射する複合治療器です。アメリカの厚生労働省にあたるFDA(食品医薬品管理局)が承認しています。

従来の機器との違いは光エネルギーとRFである高周波エネルギーを組み合わせたことで、肌へのダメージを抑えてシミやそばかすを除去できる点です。

コラーゲンやエラスチンの生成を促進させる効果もあるため、ハリや弾力のある肌が目指せます。また冷却システムが搭載されているため、痛みを軽減した施術ができる点も魅力です。

Eライト

Eライトは光エネルギーとRFエネルギーの2種類を組み合わせた美肌治療機器です。そばかすのメラニン色素に光エネルギーが反応し、肌内部から除去します。

Eライトが人気の理由は高い安全性です。Eライトの高周波はメラニン色素とは無関係に働くため、効率的に肌内部へ熱エネルギーを伝えます。

そのため、より少ない出力で高い効果が期待できるため、痛みが少なく、赤みや火傷などのリスクを軽減した施術が可能です。

E-max

E-maxは赤外線と高周波を組み合わせた美肌治療機器です。ハンドピースの設定を細かく調節できるため、そばかすのみでなく、小じわやくすみ、毛穴の開きなど、さまざまな症状に対応ができます。

また、赤外線で加熱し、高周波で真皮全体に均一な熱エネルギーを与えられるため、肌トラブルになりにくい点も大きなメリットです。冷却機能も搭載されているため、熱くなりすぎることを防ぎ、痛みを抑えた施術ができます

ePlus

ePlusは、症状や目的に合わせてパルスライトとレーザー、高周波のアプリケーターを組み合わせて使用できる美容治療機器です。

アプリケーターは10種類が用意されています。アプリケーターを交換すれば、そばかすはもちろん、赤ら顔や肌質改善、脱毛、引き締めまで1台で対応可能です。

また従来の機器とは異なり、肌や毛の色に影響されない治療ができるため、痛みや火傷を抑えた施術ができます。

そばかすレーザー治療のメリット

そばかすをレーザー治療でおこなうメリットは次のとおりです。

■ 1回で高い効果が期待できる

そばかすのみに作用するため、肌へのダメージがあまりない

ダウンタイムが少なく、当日からメイクができる

レーザー治療の大きなメリットは、効果の高さにあります。メラニン色素にピンポイントで光エネルギーを照射できるため、1回の施術でそばかすが薄くなる効果を実感できます

レーザー治療器にもさまざまな種類があるため、そばかすと一緒に改善したい肌の悩みがあるのなら、医師にその旨を相談してみましょう。

クリニックでは複数のレーザー機器を採用しているところも多いため、希望に近い治療が受けられる機器が提案されます。

そばかすレーザー治療のデメリット

そばかのレーザー治療をおこなうデメリットは次のとおりです。

■ 費用がかかる

■ 複数回通院する可能性がある

■ 副作用や合併症のリスク

クリニックでそばかすの改善目的でレーザー治療をおこなう際は、保険適用外となるため、費用は高くなります。使用する美容機器により相場は異なるものの、1回数万円程度は必要です。

そのため予算をきちんと決めてから、予算内で施術ができるクリニックを探すようにしましょう。

また、そばかすの量や色の濃さによって、一度では施術が終わらない場合もあります。その場合は複数回通うことになるため、その分費用もかかる点はデメリットといえるでしょう。

レーザーは比較的安全性の高い治療法ですが、副作用や合併症のリスクが全くないわけではありません。腫れやかゆみ、色素沈着、火傷などの副作用や合併症の報告もあるため、リスクをきちんと把握してから施術を申し込むことが大切です。

横浜でそばかすのレーザー治療を受けるクリニックの選び方

レーザー治療は肌へのダメージを抑えながら、気になるそばかすを改善するのに有効な治療法です。

しかし、レーザー治療を取り扱うクリニックは豊富にあるため、どのようなところがよいのかわからない方もいるでしょう。取り扱っているレーザー機器や費用、症例実績もさまざまあり、希望に合うところを慎重に探すことが大切です。

ここでは、横浜でそばかすのレーザー治療を受けられるクリニックの選び方をまとめました。数多くあるクリニックから自身に適したところを探したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

そばかす取りの診療や症例実績が豊富か

そばかすのレーザー治療を受けるクリニックを探す際は、症例実績の豊富さを確認しましょう。レーザー治療では火傷や赤みなど、副作用のリスクもあります。

そのため、知識や技術面などある程度の水準が保たれているかは、症例実績をみてチェックする必要があります。口コミも調査して、医師の診療が丁寧で話をきちんと聞いてくれるのかも確認しましょう。

医師との相性がよく、信頼できると感じられるのであれば、安心してレーザー治療を受けられます。

予約を取りやすいか

そばかす除去は、1回では終わらない可能性があります。そのため予約の取りやすさは、クリニックを選ぶ上で重要なポイントです。駅から近く、評判もよいクリニックだと、混雑して予約が取りにくい場合もあります。

また、どのくらい前から予約ができるのか、そもそも予約システムがあるのかなどを事前に確認するとストレスを感じずに済みます。

さらに当日予約やキャンセル待ちなど、柔軟な対応をしているクリニックもおすすめです。ストレスなくレーザー治療を受けたいのであれば、予約がスムーズに取れるクリニックを選びましょう

予算に合う料金プランがあるか

そばかすを除去するレーザー治療は、クリニックによってさまざまです。採用しているレーザー機器やオプション代など、クリニックごとに異なるため、事前に調査して予算に合う料金プランを探す必要があります

基本的にそばかすの治療は保険が適用されず、費用は割高です。またクリニックは施術費用のみでなく、初診料や再診料、麻酔代などもかかるケースもあります。

大切なことは料金が明瞭であることです。明瞭な料金設定なら、予算の範囲内で収まるかチェックできるため、安心して治療に専念できます。

アクセスのよさ

そばかす除去は1回のレーザー治療で終わらない可能性があります。そばかすが多かったり、色素が濃かったりすると、複数回通院する場合もあるため、通いやすい立地のクリニックを選ぶことが大切です。

具体的には交通の便がよく、駅から徒歩数分で行けるクリニックが理想といえます。また車で通いたい場合は、駐車場があるクリニックや、近くにコインパーキングがあるところがおすすめです。

横浜でそばかすのレーザー治療がおすすめの人気美容クリニック13選

そばかすは遺伝や紫外線の影響で、早い方だと3歳くらいから出現します。放置しても大人になる過程で薄くなる場合もあるものの、目立つためレーザーで除去したいと考えている方もいるでしょう。

ここからは、横浜でそばかすのレーザー治療がおすすめの人気美容クリニックを13院紹介します。そばかすを短期間でキレイにしたい方は、クリニックのレーザー治療を検討してみましょう。

シロノクリニック

シロノクリニックは、50万件以上の症例実績を持つ、レーザー治療・エイジングケア専門のクリニックです。レーザー機器などの保有台数もグループ全体で135台以上と豊富に完備しています。

そばかす治療ではフォトシルクプラス、Qスイッチルビーレーザー、アキュチップなど、幅広いメニューから選択が可能です。

皮膚科の専門医が肌質やそばかすの状態に合わせて、有効な治療メニューを提案してくれるため、自身に適したレーザーがわからない方にもおすすめです。

横浜マリアクリニック

横浜マリアクリニックは、横浜駅東口から徒歩3分の好立地にある美容皮膚科です。開院17年の実績があり、丁寧なカウンセリングで高い評価を得ています

そばかす除去では、冷却機能で痛みが少ない施術ができるレーザーフェイシャルが人気です。シミやそばかすに有効なレーザーフェイシャルに、美肌が目指せるイオン導入やピーリングを組み合わせるメニューも推奨されています。

レーザーフェイシャルは1回、5回、10回コースが用意されているため、シミやそばかすをキレイに除去したい方は、横浜マリアクリニックを検討してみましょう。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは二重整形や脂肪吸引、たるみ治療など、さまざまなメニューを幅広く取り扱う美容クリニックです。全国に100院以上を展開する大手クリニックで、レーザー治療の実績のみで31万件以上(2021年12月時点)を誇ります。

そばかす除去では、シミ取りレーザーやレーザートーニングがおすすめです。シミ取りレーザーやレーザートーニングは、肌の表面のみでなく深部にあるメラニン色素も分解するため、そばかす除去に高い効果が期待できます。

ダウンタイムが少なく、痛みにも配慮した施術が受けられるため「肌が弱い」「痛みが不安」などが理由で一歩踏み出せない方は、湘南美容クリニックを検討してみてください。

新宿美容外科クリニック

新宿美容外科クリニックは、関東を中心に新宿、立川、横浜の3院を展開する美容外科クリニックです。年中無休で完全予約制のため、予約が取りやすく、プライバシー面にも配慮がされています。

新宿美容外科クリニックのそばかす治療では、QスイッチYAGレーザー、レーザートーニング、ソラリなどから選択できます。

なかでも1回で高い効果が期待できるソラリは、痛みやダウンタイムが少ない人気の施術です。お得な初回割引料金があるため、気軽にレーザー治療を試してみたい方におすすめといえます。

大塚美容形成外科

大塚美容形成外科は、全国に6院を展開する総合美容クリニックです。横浜院は浜駅西口から徒歩5分の好立地にあります。そばかす治療ではQスイッチルビーレーザーやVビームレーザー、フォトフェイシャルなど幅広いメニューが用意されています。

なかでも、そばかす治療に最適なメラニン色素にのみ働きかけるQスイッチルビーレーザーが人気です。Qスイッチルビーレーザーなら、そばかすのみをピンポイントで改善できるため、他の部分の肌にダメージを与えません。

5回照射で11,000円(税込)と明確な料金設定も魅力です。

城本クリニック

城本クリニックは、全国に25院を展開する美容皮膚科クリニックです。開業30年以上の歴史があり、経験豊富な医師と多くの症例実績を誇ります

城本クリニックのそばかす治療では、ステラM22、E-max、Eライト、オーロラなど、さまざまな機器を取り揃えているため、自身の肌にあったレーザーを探せる点がメリットです。

公式サイトには多くの症例写真も掲載されており、自身の症状と比較しながら検討できます。施術前後の写真や動画を提供する代わりに、お得にそばかす治療が受けられるモニター制度もあるため、費用を抑えたい方にもおすすめです。

エストクリニック

エストクリニックは開業27年で10万件以上の施術実績を持つ美容クリニックです。横浜院は横浜駅西口から徒歩3分の場所にあります。

シミやそばかすの治療では、フォトRF(オーロラ)やレーザートーニング、Qスイッチヤグレーザーなど幅広い機器が用意されています。なかでもそばかすの治療では、フォトRFが人気です。

フォトRFは、そばかすはもちろん、シミやニキビ、赤ら顔など複数の肌トラブルを改善できます。またレーザーとIPL機器を組み合わせるなど、症状に合わせたオーダーメイドの治療ができる点も魅力です。

目立つそばかすをキレイに除去し、他の肌の悩みも改善したい方は、エストクリニックを検討してみましょう。

アンジュール横浜クリニック

アンジュール横浜クリニックは、みなとみらい線馬車道駅から徒歩3分の通いやすい立地にある美容クリニックです。皮膚科を中心とした専門医が多く在籍し、そばかすやシミ、くすみなど、症状に適した治療をリーズナブルな料金で提案しています。

そばかす治療では、フラッシュランプを搭載したライムライトや、ピンポイントでそばかすを治療できる光治療機のアキュチップ、694nmの波長のレーザーでシミやそばかすを除去できるQスイッチヤグレーザーが人気です。

なかでもQスイッチルビーレーザーは、4~6mmの大きさのそばかすが1ショット2,200円とリーズナブルな料金で施術できます。お試しでレーザー治療を受けてみたい方は、アンジュール横浜クリニックを検討してみてください。

品川美容外科

品川美容外科は全国の主要都市に39院展開する大手美容クリニックです。横浜院はJR横浜駅東口から徒歩2分の好立地にあります。土日祝日問わず朝10時~20時まで診療しているため、予約が取りやすい点が魅力です。

そばかす治療では、オーロラやレーザートーニング、フラクショナルCO2など豊富な機器を取り揃えています。レーザー治療の費用は1回3,000~10,000円程度と大変リーズナブルです。

都度払いもできるため、経過を見ながら自身で通う回数を決めたい方は、ぜひ品川美容外科の無料カウンセリングを申し込んでみましょう。

テティス横濱美容皮膚科

テティス横濱美容皮膚科は皮膚科の専門医が在籍するシミ・しわ・脱毛専門の美容皮膚科クリニックです。

桜木町駅から徒歩3分の通いやすい場所にあります。テティス横濱美容皮膚科は、シミやそばかすの治療はもちろん、予防方法にも力を注いでいるクリニックです。

普段の肌のケアをしっかりおこなうことで、そばかすが再発しにくい肌作りを目指します。具体的にはホームケアができる化粧品やサプリメントを使用しつつ、出現したそばかすはレーザー治療で除去していきます。

そばかす除去には、ヤグレーザー、レーザートーニング、フォトフェイシャルM22の人気の機種を取り揃えているため、希望や症状にあわせて選択が可能です。

レア形成外科・美容皮膚科

レア形成外科・美容皮膚科は、港南台駅から徒歩12分の場所にある美容クリニックです。港南台駅から無料循環バスがあり、駐車場も完備されているため、公共交通機関でも車でも通いやすい点が魅力です。

土曜日も診療をしているため、平日は仕事で忙しい方も無理なく通えます。

そばかす治療では、2種類の異なる波長を持つQスイッチNd:YAGレーザーや、波長500~1200nmの広範囲の光エネルギーを照射できるスーパーフォトセラピー、通常のレーザーやフォトセラピーでは治療が難しい濃いそばかすにも対応できるレーザートーニングが人気です。

自宅でそばかすをケアできるトラネキサム酸が配合された美白化粧品や医薬品も販売されているため、再発の予防対策もできます。

そばかすやシミの悩みから解放され、くすみのない肌を目指したい方は、レア形成外科・美容皮膚科を検討してみましょう。

A CLINIC YOKOHAMA

A CLINIC YOKOHAMAは、市営地下鉄横浜駅から徒歩10秒とアクセス抜群の立地にある美容クリニックです。そばかす治療では、ピコレーザーやピコスポット、フォトシルクプラスなど、肌に優しい美容機器を用意しています。

なかでもピコレーザーは従来のレーザー治療と異なり、熱エネルギーではなく、衝撃波でそばかすの原因であるメラニン色素を破壊するため、肌へのダメージが少ないことで人気です。

肌に負担をかけずにそばかすを除去できるため、火傷やかゆみ、痛みなど、副作用のリスクを抑えた施術ができます。

医師やスタッフの親切で丁寧な対応がよく、Googleの口コミでも高評価を獲得しているため、悩みをきちんと聞いてくれるクリニックを探している方におすすめです。

ヴィンテージビューティクリニック横浜

ヴィンテージビューティクリニック横浜は、JR関内北口より徒歩5分で通いやすいと評判の美容クリニックです。洗練された院内の雰囲気が人気で、口コミでも高評価を獲得しています。

また施術の説明が丁寧で、症例写真を見ながら説明してくれるため、納得したうえで施術ができたと喜ぶ声も多くありました。

そばかす除去では、フォトフェイシャルやピコレーザーを利用した治療が受けられます。なかでもおすすめは、そばかすを除去しながら、肌にハリやつやを与えるフォトフェイシャル+イオン導入のメニューです。

都度払いで1回ずつ施術を受けることも可能なため、美肌を目指しながらそばかすも改善させたい方は、ヴィンテージビューティクリニック横浜を検討してみましょう。

横浜のそばかすレーザー治療に関するよくある質問

できてしまったそばかすの除去は、レーザー治療が有効です。しかし初めての美容医療で、わからないことが多いと不安に感じる方もいるでしょう。

ここでは横浜のそばかすレーザー治療でよくある質問をまとめました。そばかす除去のレーダー治療に関する不安や疑問を解消し、安心して施術が受けられるようにしましょう。

無料カウンセリングのみで実際に治療をしなくてもよい?

無料カウンセリングのみで実際に治療をしなくても問題ありません。複数のクリニックの無料カウンセリングを受けてから、最終的に医師との相性や、院内の雰囲気、予約の取りやすさ、実績などを確認してから決められます。

ただし、クリニックによっては初診料がかかる場合があります。カウンセリングは無料でも、医師との診察には費用が発生する場合があるため、事前に確認しましょう。

レーザーでそばかすは改善する?

レーザー治療によってそばかすは改善できます。人によっては複数回施術を重ねる必要があるものの、レーザー治療なら高い効果が期待できるでしょう。

なぜなら、レーザー治療は皮膚内部のメラニン色素を分解する効果があるためです。ただし、そばかすは紫外線の刺激に弱いため、日焼けを繰り返すことで再発する可能性もあります。

そのため、レーザー治療を受けたあとも、徹底的な紫外線対策が大切です。

そばかすが消えるまでの施術回数は?

そばかすが消えるまでに必要な施術回数は、数や色素の濃さ、肌質によって異なります。一般的には3回から5回の施術を受けてそばかすが改善する方が多いようです。

ただし、1回でもそばかすが薄くなったことを実感はできます。きちんと計画を立てて施術をしたい方は、一度クリニックの無料カウンセリングを受けて、医師に相談してみましょう。

そばかすのレーザー治療の副反応はある?

そばかすのレーザー治療を受けると副反応が起こる場合があります。たとえば軽度の赤みや腫れ、かゆみ、ピリピリする痛み、火傷などです。

火傷以外は施術後、数日で自然に治まります。大半の場合は一時的な症状のため、慌てずにケアをおこなうようにしましょう。

しかし違和感を抱く場合や、数日で改善がみられない場合は、なるべく早く医師に相談しましょう。

レーザー治療の痛みはどのくらい?

痛みの感じ方には個人差があるものの、一般的にレーザー治療では、ゴムで軽くはじかれる程度の刺激があります。

しかしクリニックでは、施術部位を冷やしながら照射したり、麻酔クリームを使用したりして痛みを軽減する配慮が行き届いています。

最近のレーザー機器は痛みに配慮されたものも多いため、過度に痛みを心配する必要はありません。痛みが我慢できない方の場合は、出力を下げる方法もあるため、気軽に医師や看護師に相談するとよいでしょう。

まとめ

横浜でそばかすを除去する方法を探している方は、レーザー治療がおすすめです。そばかすは日常的な紫外線対策やスキンケアでも予防はできますが、すでに出現したものを薄くしたい場合は、セルフケアのみでは難しいでしょう。

レーザー治療であれば肌の奥深くにあるメラニン色素にアプローチできるため、1回でそばかすを薄くできます。またレーザーには多くの種類があり、自身の症状や目的に適した機器を探すことが大切です。

本記事でも、横浜でそばかす除去が可能なレーザー治療を取り扱うクリニックを紹介しています。特徴や料金などもわかりやすくまとめているため、気になったクリニックがあれば気軽にカウンセリングを申し込んでみましょう。

<参考>
シロノクリニック
横浜マリアクリニック
湘南美容クリニック

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次