MENU

メデリピルの口コミ・評判は?特徴・メリット・デメリットを解説

「ピルを試したいけど産婦人科に行くのには抵抗がある」「ピルは長く続けるものだから、なるべく安いところを探したい」など、ピルに興味はあるものの、入手方法や費用面で悩んでいる方も多いでしょう。

そのような方には、オンライン診療でピルを処方できるメデリピルがおすすめです。

メデリピルであれば、低用量ピルが初回無料で始められます。診療費も無料になるため、送料のみでお試しできる点が魅力です。

そこで本記事では、メデリピルを実際に利用した方の口コミや評判をまとめました。

メデリピルの特徴やメリット、デメリットも紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

メデリピルとは

メデリピルは、診療満足度98%(2021年5月mederi社調べ)を誇るオンラインピル処方サービスです。

LINEで手軽に予約ができ、短時間の診療でピルの処方が受けられます。

ここからは、メデリピルの基本情報を紹介します。低用量ピルなら初回は無料で試せるため、気軽に試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

診療時間

メデリピルは午前10時~22時まで診療が受けられます。 診療時間は5〜7分程度が目安です。

メデリピルのオンライン診療は、提携医療機関の現役産婦人科医がおこないます。

短時間で診療が終わるため、忙しくてクリニックに通えない方も無理なく通える点が魅力です。

予約方法

予約はLINEの診療予約フォームから24時間おこなえます。空いている予約枠内で都合のよい日時を選ぶのみです。

予約の変更やキャンセルは、診療日前日の17時までに診療予約や変更から手続きができます。

無断キャンセルの場合は、ペナルティとしてキャンセル料1,650円(税込)が必要になるため、注意しましょう。

料金

メデリピルでは単品購入はもちろん、まとめ買いや定期便プランなどが用意されています。

初診料や再診料は無料で対応しているものの、送料は1回550円(税込)必要です。低用量ピル6シートまとめプランを注文の方の場合は、送料が無料になります。

また、低用量ピルの定期便プランなら、初月は薬代無料でお試し可能です。

人気コース料金
低用量ピル3シートおまとめプラン9,460円(1か月あたり2,970円)
低用量ピル6シートおまとめプラン17,820円(1か月あたり2,970円)
低用量ピル定期便プラン3,520円
※料金はすべて税込表示です。

メデリピルでは、低用量ピル以外に超低用量ピルや中用量ピル、アフターピルが用意されています。

お得に低用量ピルを利用したいのなら、定期便プラン、もしくはまとめ買いプランを検討してみましょう。

メニュー料金
フリウェル配合錠月額5,940円
ULDドロエチ配合錠「あすか」月額5,940円
ヤーズフレックス配合錠月額9,900円
ルナベル配合錠ULD月額9,900円
ヤーズ配合錠月額11,000円
トリキュラー281か月プラン:3,520円
マーベロン281か月プラン:3,520円
アンジュ281か月プラン:3,520円
シンフェーズ281か月プラン:3,520円
ラベルフィーユ281か月プラン:3,520円
ファボワール281か月プラン:3,520円
ノルレボ錠11,000円
プラノバール7錠:1,980円
14錠:3,960円
※料金はすべて税込表示です。

メデリピルの特徴

メデリピルなら、オンライン診療のみで手軽にピルを始められます。

初月無料で2回目以降もリーズナブルな料金設定のため、気軽に試しやすい点が魅力です。

ここではメデリピルの特徴を3つまとめました。自身にとって使い勝手がよいサービスなのかチェックしてみてください。

月額2,970円からピルを購入できる

メデリピルなら月額2,970円からピルを購入できます。まとめ買いの場合でも分割払いができるため、負担を軽減して購入できる点が魅力です。

メデリピルは低用量ピルなら何度診療を受けても、診察代が無料になるシステムのため、疑問があればいつでも相談ができます。

また6シートまとめプランを選択すると、送料の550円(税込)も無料です。

ほかにも、1年間継続してピルを購入すると、10%割引が受けられるプラチナ会員にランクアップするサービスもあります。

プラチナ会員になると月額2,673円(税込)と、さらにリーズナブルにピルが購入できるため、メデリピルは長くピルを続けたい方におすすめです。

人気コース料金
低用量ピル3シートおまとめプラン9,460円(1か月あたり2,970円)
低用量ピル6シートおまとめプラン17,820円(1か月あたり2,970円)
低用量ピル定期便プラン3,520円
※料金はすべて税込表示です。

LINEで診察予約ができる

メデリピルは、予約から診療までLINEで完結します。LINEでお友達登録をして診察予約を申し込めば、空いている予約枠をチェックできます。

診療予約のみでなく、服薬管理やプランの変更なども手軽にLINEでできるため、手間や時間がかからず使いやすい点が特徴です。

予約は24時間受け付けているため、日中は仕事で忙しい方でも利用できます。

初月ピル代・診察料が無料

メデリピルでは、定期便プランを選択すると低用量ピルが初月無料で購入できます。

2回目以降は自動で届くため、買い忘れる心配もありません。

送料はかかるものの診察代は何度でも無料のため、疑問や不安を感じたらすぐに連絡できます。

服用中も丁寧にサポートを受けることができ、ピル初心者でも安心して利用可能です。

メデリピルの良い口コミ・評判

メデリピルでは、低用量ピルの定期便が初月無料で試せます。そのため、気軽にピルを試してみたい方におすすめです。

しかし定期便プランは長期的にサービスを利用することになるため、実際に利用した方の感想を聞きたいと考える方もいるでしょう。

ここではメデリピルが本当によいのか知りたい方のために、良い口コミや評判を紹介します。

良い口コミを中心にまとめているので、利用者のリアルな声をチェックしてみてください。

時間がない方に有り難いシステム

本来、ピルを処方してもらうためには、クリニックに来院して診察を受け、薬局で薬を受け取る必要があります。

通院でかかる時間や待ち時間があるため、ピルが処方されるまでに数時間はかかるでしょう。

しかし、メデリピルは10分程度の診療で、当日~翌日にはピルが自宅に届きます。

そのため口コミでは、メデリピルの迅速な対応に驚く利用者の声が見受けられました。

ピルは継続して効果を発揮する薬です、時間が取れずクリニックに行けない方にとっては、メデリピルのサービスは非常に便利なシステムといえるでしょう。

ピルの料金が良心的

メデリピルは診療代が無料なうえに、初月はピル代までかからないため、気軽にピルが試せます。

口コミのなかには、6シートまとめプランで安くピルを入手できたと喜ぶ声が多くありました。

6シートまとめプランは送料が無料のため、費用を抑えてピルを始めたい方にもおすすめです。

オンライン診療が無料

メデリピルでは、オンライン診療に何度でも無料で対応しています。服用中に悩みや不安を抱いたら、すぐに専門医に相談ができるため、非常に心強いと評判です。

医師の指名はできないものの、きちんと話を聞いてくれたと満足する口コミがありました。

メデリピルのピルをおすすめできる方

メデリピルのピルは次のような方におすすめです。

  • 今すぐピルを処方してもらいたい方
  • 時間がない方
  • 充実したサポートを受けたい方

ここでは、メデリピルのピル処方がおすすめできる方について解説します。

メデリピルが自身に合っているかわからないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐピルを処方してもらいたい方

メデリピルは最短で当日、遅くても翌日にはピルが自宅に届きます。

そのため、性交渉後72時間以内の服用を推奨しているアフターピルが必要な場合にもおすすめです。郵便ポストに投函されるため、自宅で荷物の受け取りをする必要もありません。

「アフターピルが必要だけど、仕事でクリニックに行く時間がない」など、今すぐにピルを受け取りたい方は、メデリピルがおすすめといえます。

時間がない方

メデリピルは24時間診療受付をしているため、日中は仕事で忙しくて時間がない方にもおすすめです。診療自体は10分ほどで終わるため、隙間時間に受診できます。

またオンライン診療ですべてが完結し、待ち時間のストレスもない点も大きな魅力です。医師による対面診療が苦手な方でも、オンライン診療であれば気軽に受診ができます。

充実したサポートを受けたい方

メデリピルでは、何度でも無料で診察が受けられるため、充実したサポートを受けたい方におすすめです。

いつでも無料になるので処方を受けるときはもちろんのこと、服用中に疑問や悩みができた際にも気軽に相談ができます。

ピルは吐き気や不正出血など、副作用が起こるリスクもあります。なかでも不正出血は、ピルを服用し始めた方の20%は経験する副作用です。

そのため何度でも悩みや不安を無料で相談できるメデリピルなら、万が一の副作用にも迅速に対応でき、安心して利用できるでしょう。

メデリピルのメリット

メデリピルにはさまざまなメリットがあります。

なかでも診察代や初月の薬代が無料で利用できる点や、プライバシー面への配慮がある点は、大きな魅力といえるでしょう。

ここでは、メデリピルのメリットについて詳しく解説します。

メデリピルとほかのオンラインピル処方サービスを比較して迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

低用量ピルは初月無料

メデリピルの低用量ピルは、初月無料でお試しできます。6種類の低用量ピルから選択できることで、自身に合うピルを探しやすい点も魅力です。

診療代も無料で対応しており、初月に必要な料金は送料の550円(税込)のみになります。

定期便プランで毎月自動的にピルが自宅に届くため、ピルを買い忘れる心配もありません。

継続してピルを服用する計画の方は、初期費用を抑えてピルを始められるメデリピルの定期便プランを検討してみましょう。

永年無料で診察可能

メデリピルでは診察が永年無料で利用可能です。専用アプリのダウンロードも不要で、LINEでお友達登録をして予約を入れるのみで利用できます。

ただし診察代が無料になるのは、低用量ピルの処方のみです。

中容量ピルやアフターピルの場合は、診療代1,650円(税込)が必要になります。

そのため、お得にメデリピルを利用したい方は、永年無料で診察が受けられる低用量ピルを検討しましょう。

梱包がプライバシーに配慮

メデリピルを利用するメリットの一つに、プライバシー面への配慮が挙げられます。

メデリピルで診療を受けると当日~翌日にピルが届きますが、品名は雑貨と記載されるため、家族に中身を知られる心配がありません。

安心してピル処方を受けたいのなら、梱包にも配慮しているメデリピルがおすすめです。

メデリピルの悪い口コミ・評判

メデリピルにはさまざまなメリットがありますが、なかには悪い口コミもいくつかあります。

ここでは、メデリピルを実際に利用した方の悪い口コミ評判をまとめました。

メデリピルを検討中の方は、良い口コミのみでなく、悪い口コミもあわせてチェックしてみてください。

医者によって対応の差がある

メデリピルの悪い口コミでは、担当医により対応が異なる点に不満を感じた方が見受けられました。

メデリピルは提携クリニックが診察をおこなうため、基本的に医師の指名はできません。

そのため、あまり慣れていない医師の診察を受け、不信感を覚えた方もいたようです。

メデリピルの診察では、女性医師を指名しても希望通りにならない場合があるため、ピルが処方されればよいと考える方に向いているといえます。

再診にたどり着かない

メデリピルの悪い口コミは、何度LINEで予約を入れても、再診までたどりつけないという不満の声がありました。

メデリピル側の返答では、正しく顧客登録がされていないため、自動でキャンセル扱いにされていることが原因とのことです。

LINEで再診の予約ができない場合は、電話で操作方法が案内されるため、一度問い合わせてみましょう。

メデリピルのデメリット

メデリピルは全体的に良い口コミが多いものの、デメリットもいくつかあります。

ここでは実際に利用した方の悪い口コミから、メデリピルのデメリットを分析しました。

メデリピルのデメリット部分も把握したうえで、自身にとって使い勝手がよいサービスであるか確認してみてください。

担当医師を選択できない

メデリピルでは提携クリニックが診察するため、医師の指名はできません。

現役の婦人科医による診療ではあるものの、医師の性別も指名できず、担当医との相性を重視する方には向かない可能性があります。

また医師の経歴や知識量なども事前に確認できないため、不安に感じる場合もあるでしょう。

そのため医師にこだわらず、必要なピルの種類も自身で判断できる方にメデリピルは適しています。

ピルがクリニックより高い場合がある

クリニックでは、保険適用でピルを処方できる場合があります。たとえば、月経困難症や子宮内膜症の治療が目的の場合などです。

しかし、メデリピルでは症状や治療目的に関係なく、保険は適用されません。

そのため、クリニックよりも高額になる可能性もあります。

とはいうものの、メデリピルにはまとめ便や定期便などのお得なサービスも用意されているため、賢く利用すればピルの費用を抑えることも可能です。

メデリピルで処方されるピルの種類

メデリピルでは、低用量ピル6種類、超低用量ピル5種類、中用量ピル、アフターピル2種類を用意しています。

すべてのピルが国内承認薬のため、安心して利用できるでしょう。

ここからは、メデリピルで取り扱われているピルの種類と効果、特徴を紹介します。

超低用量ピル

超低用量ピルは、低用量ピルよりもエストロゲン含有量が少ないピルです。

一般的には、月経困難症や子宮内膜症の治療で利用されるため、産婦人科では保険適用で処方されます。

メデリピルで取り扱われている超低用量ピルは5種類です。

  • フリウェル配合錠
  • ULDドロエチ配合錠「あすか」
  • ヤーズフレックス配合錠月
  • ルナベル配合錠ULD
  • ヤーズ配合錠

オンライン診療のメデリピルでは保険適用にならないため、超低用量ピルも自費での購入になります。

また、副作用は低用量ピルより出にくいとされています。

しかし副作用には個人差があるため、服用する際は注意が必要です。

低用量ピル

低用量ピルは避妊薬の定番であり、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の成分を配合しています。

一般的に低用量ピルは1日に1回服用すれば、排卵を抑制して子宮内膜の増殖を抑えるため、高い避妊効果が期待できます。

注意事項を守り、毎日欠かさず服用できていれば避妊効果は99.7%です。

メデリピルでは、6種類の低用量ピルを用意しています。

  • マーベロン28
  • トリキュラー28
  • アンジュ28
  • シンフェーズ28
  • ラベルフィーユ28
  • ファボワール28

低用量ピルを服用すると排卵が抑制されるため、排卵痛を軽減する効果も期待できます。

月経の出血量や生理痛の軽減にも効果があるため、幅広い目的で利用できる点が低用量ピルのメリットです。

中用量ピル

中用量ピルは低用量ピルに比べて、卵胞ホルモンの量が多く含まれています。

女性ホルモンの量が増えるため、副作用のリスクは高くなるものの、飲み忘れても影響が少ない点が大きなメリットです。

近年、避妊には副作用が軽い低用量ピルを使用し、女性ホルモンが関係する病気の治療には中用量ピルが用いられています。

メデリピルで取り扱いのある中用量ピルは次の一種類です。

  • プラノバール

主な副作用は吐き気や嘔吐、食欲不振、眠気などです。通常は身体がピルに慣れ始めると、副作用は徐々に治まります。

アフターピル

アフターピルとは、避妊に失敗した性交後に服用するもので、緊急避妊薬とも呼ばれます。

避妊率を高めたいのなら、なるべく早く服用することが大切です。

最低でも72時間以内にはアフターピルを服用しましょう。なるべく早く服用すれば、高い妊娠阻止率が期待できます。

メデリピルで取り扱っているアフターピルは次の2種類です。

  • レボノルゲストレル(ジェネリック)
  • ノルレボ錠

レボノルゲストレルはノルレボ錠のジェネリック医薬品のため、成分や効果はノルレボと変わらないにもかかわらず、費用が抑えられます。

少し手も出費を抑えたい方は、レボノルゲストレルを選択するとよいでしょう。

メデリピルにてピル購入までの流れ

オンライン診療を初めて利用する方は、どのような流れでピルが処方されるかわからない方もいるでしょう。

ここでは、メデリピルでピルを購入するまでの流れを詳しく解説します。

メデリピルの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:LINEで診療予約

メデリピルではLINEから診療予約が取れます。LINEで予約可能枠が確認できるため、都合のよい日時で予約しましょう。

予約の際は、個人情報や事前問診票などの記入が必要です。

また、予約は24時間対応しています。予約希望日の前日の17時までに予約を入れるようにしましょう。

2:オンライン診療

予約日になると医師から連絡があるため、オンラインで診療を受けます。利用できる端末はスマートフォン、パソコン、タブレットなどです。

担当する医師は現役の産婦人科医です。メデリピルの提携クリニックの医師が対応します。

診療にかかる時間は10分程度です。疑問や不安があれば、診療中に医師に相談しましょう。

3:ピルを処方

担当医が診療を実施した結果、症状や悩み、体質に合わせてピルを処方します。処方するピルが確定したら、支払いをして終了です。

支払い方法は、クレジットカードまたはPaidyが利用できます。

Paidyならコンビニ払い、銀行振込、口座振替での後払いができるため、手持ちがない場合でもピル処方が受けられて便利です。

4:自宅に配達

処方されたピルは最短当日、遅くても翌日には自宅に配達されます。ポストに投函されるため、荷物を受け取るために自宅で待機する必要はありません。

また荷物は中身がピルだとわからないように、品名には雑貨と記載されて届きます。

家族に中身を知られる心配がないため、安心して利用できる点が魅力です。

メデリピル以外のおすすめオンラインピル処方サービス3選

近年、自宅から一歩も出ずにオンラインのみで完結するピル処方サービスが増加しています。

どのサービスも取り扱いピルや特徴、料金が異なるため、自身に適したサービスを探すことが大切です。

ここからは、メデリピル以外のおすすめオンラインピル処方サービスを3つ紹介します。

スマルナ

スマルナは専用のアプリをインストールすれば、手軽にオンライン診療の予約ができます。

定期配送プランでは1か月プラン、3か月プラン、12か月プランから選択が可能です。

長期契約するほど1か月あたりの料金が割引されるため、お得に利用できます。

取り扱っているピルの種類は超低用量ピル、低用量ピル、中容量ピル、アフターピルと豊富です。

また、医師とのチャット相談は無料利用できます。聞きたいことがあれば、専用アプリをダウンロードして相談しましょう。

クリニックフォア

クリニックフォアは100万件以上の診療実績と、クリニックフォアのお客様アンケートによると顧客満足度95%を誇るオンライン診療クリニックです。

豊富な種類のピルを取り扱っているため、自身に適した薬を見つけられます。

低用量ピルは月額2,783円(税込)とリーズナブルな料金設定です。

オンライン診療のみでなく、全国に10院のクリニックを展開しているため、対面診療も希望できます。

オンラインと対面の両方が選べるため、自身に合った診療方法を選べる点が魅力です。

MY PILL ONLINE CLINIC(マイピル)

MY PILL ONLINE CLINIC(マイピル)は、産婦人科医が診察をおこなうオンラインピル処方サービスです。

都心の23区内にお住いの方はバイク便を利用すると、最短1時間以内に指定先にピルが届きます。

そのため、アフターピルが必要な場合でも、安心して購入が可能です。

低用量ピルは1日96円(税込)から始められるため、費用を抑えてピルを始めたい方にもおすすめできます。

またMY PILL ONLINE CLINIC(マイピル)では、初回利用者に限り、お得な割引サービスが利用可能です。

ピルの種類も豊富に用意されているため、お得にピルを始めたいのならMY PILL ONLINE CLINIC(マイピル)を検討してみましょう。

メデリピルに関するよくある質問

メデリピルの利用を真剣に検討している方もいるでしょう。

しかし初めてのピル処方は、疑問や不安を抱くものです。

ここでは、メデリピルでよくある質問をまとめました。疑問や不安は解消し、安心してメデリピルのサービスを利用しましょう。

メデリピルの支払い方法は?

メデリピルの支払い方法は2種類用意されています。

  • クレジットカード
  • Paidy

Paidyとは、後払いができるシステムです。コンビニ払い、銀行振込、口座振替の3つから選べます。

メデリピルでは、お金が足りない場合でも後払いシステムが利用できるため、慌てずに対応可能です。

メデリピルは18歳未満でも利用できますか?

メデリピルは18歳未満でも利用できます。

ただし、保護者の同意が必要です。そのため18歳未満の方が1人でオンライン診療を受けても、処方されない可能性がある点に注意が必要です。

保護者の同意書は予約を入れる際に、個人情報や事前問診票とあわせて提出します。

ピルを保険適用で処方してもらうことは可能?

メデリピルのピル処方は、保険が適用されません。

クリニックでは、月経困難症や子宮内膜症の治療が目的の場合は、保険適用で処方できます。

しかし、メデリピルのピル処方サービスは完全オンラインのため、すべての処方が保険適用外です。

保険適用でピル処方を受けたい方は、産婦人科クリニックで相談しましょう。

まとめ

メデリピルは、予約からピルの処方までLINEで完結するオンラインピル処方サービスです。

口コミ評判ではスピーディーな対応や、まとめプランで料金を抑えられるなど、満足する口コミが多くありました。

しかし、医師が指名できない点には、複数の利用者から不満の声が挙がっています。

メデリピルは提携クリニックの医師が対応をするため、信頼できる担当医を探したい方からすると大きなデメリットといえます。

そのためメデリピルは医師にこだわらず、スピーディーにピルを受け取りたいと考える方に適しているでしょう。

本記事を読んでメデリピルに興味が湧いた方は、ぜひLINEでお友達登録をして予約しましょう。

参考

メデリピル

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次