MENU

名古屋でハイフ(HIFU)施術がおすすめの美容医療クリニック5選!

たるみやしわが改善されないと悩んでいる方や、小顔効果を素早く実感したい方におすすめしたい施術がハイフ(HIFU)です。ハイフは美容クリニックで受けられる施術であり、たるみやしわ改善と同時に小顔効果が期待できます。

しかし、ハイフが受けられるクリニックは名古屋に多数あるため、どのクリニックを選ぶべきか悩んで決められない方もいるでしょう。また、本当に悩みが改善されるのかわからず、施術に踏み切れない方もいるでしょう。

そこで今回は、名古屋でハイフ施術がおすすめのクリニックを5院紹介します。

あわせてハイフの特徴や相場料金、施術当日の流れに関しても解説するので、ハイフに興味がある方はぜひ参考にしてください。

目次

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフはクリニックで受けられる美容施術の一つであり、たるみ、しわ改善や小顔効果が期待できます。どのような原理で効果が期待できるのか、どのような特徴があるのか、ここからはハイフの基本事項についてまとめました。

基本を知ってからカウンセリングへ行くとスムーズに進めるため、ぜひ参考にしてください。

ハイフ(HIFU)の特徴

ハイフ施術は切らずにたるみが改善できるため、「切らないリフトアップ」として有名な美容施術です。

たるみを改善する施術には、皮膚を切り、縫合する方法もあります。しかし、メスを入れるとダウンタイムと呼ばれる、もとの皮膚に戻るための期間が長くなるため、気軽に受けられるとはいいがたいでしょう。

一方ハイフは、超音波を皮膚に当てて施術をおこないます。メスは必要なく、ダウンタイムが比較的短いため、美容施術が初めての方でも受けやすい施術です。

ハイフの正式名称はHigh Intensity Focused Ultrasoundであり、高密度焦点式超音波治療法という意味があります。皮下組織や筋膜に超音波を照射すると、超音波の熱により、肌の内部が引き締められ、引き上げられるのがハイフの仕組みです。

さらに、超音波によって皮下組織が熱を受けると、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させられます。コラーゲンやエラスチンは肌にハリや弾力を与える成分です。そのため、肌がふっくらとしてしわが目立ちにくくなります。

ハイフはエステサロンでも受けられますが、エステ用のハイフは医療用とは照射方式が同じではありません。

エステ用は蓄熱式であり、照射レベルが低く、優れた効果が期待できないハイフです。そのぶん、施術費用が安い点はメリットでしょう。

医療用ハイフは点状方式で照射します。出力レベルは高く、皮膚の深い部分まで熱エネルギーを与えられる点が特徴です。エステのハイフより施術費用が高いですが、費用対効果を考えると妥当な金額でしょう。

ハイフ(HIFU)の効果

ハイフで期待できる効果は主に次の3種類です。

たるみ改善

ハイフによって皮膚に超音波を当てると、肌の内部を引き上げられます。皮膚が下がった状態がたるみであるため、皮膚が引き上げられれば、たるみは改善しさらなるリフトアップ効果も期待できるでしょう。

また、たるみはコラーゲンやエラスチンの減少も原因の一つです。加齢によりコラーゲンやエラスチンの生成量が低下すると、徐々に肌はたるみます。

そこでハイフによりコラーゲンやエラスチンの生成量を促進させると、加齢によるたるみの改善も期待できるでしょう。

そのほか、ハイフはほうれい線やマリオネットラインの目立ちも改善できます。ほうれい線やマリオネットラインが目立つのは、表情筋の衰えやコラーゲンの減少が原因です。

ハイフの超音波は筋膜まで効果を与えられ、さらにコラーゲンの生成量も増やせます。筋膜を収縮させ、減少したコラーゲンの量を増やせるハイフは、ほうれい線やマリオネットラインの目立ちも改善可能です。

そのため、ハイフは目元や目尻のたるみが気になる方、たるみによるほうれい線やマリオネットラインが気になる方、メスを使用せずリフトアップ効果を得たい方におすすめです。

しわ改善

たるみが原因のしわの改善にはハイフが有効です。ハイフでたるみを改善すれば、皮膚がたるんだ部分にできるしわは目立ちにくくなります。

そのほか、額やあごの部分のしわや、コラーゲン不足によるしわの改善も期待できるでしょう。額やあごにできたしわは、ハイフでコラーゲン量を増やせば、肌がふっくらとして目立ちにくくなります。

肌をふっくらさせるためには、スキンケアでハリや弾力を与える方法もありますが、即効性がありません。半年から一年かけてケアを続ける必要がありますが、ハイフであれば施術直後から効果を実感できます。

そのため、ハイフはたるみによるしわや額、あご部分のしわを改善したい方や、即効性のあるしわ改善方法を試したい方におすすめです。

小顔効果

フェイスラインの皮膚がたるみ、もたついていると、顔が大きく見える場合があります。ハイフにはフェイスラインのもたつきを改善する効果もあるため、小顔効果を得たい方にもおすすめです。

フェイスラインの皮膚がたるむのは、皮下組織と表情筋の間にある、SMAS層のゆるみが関係しています。ハイフの超音波はSMAS層にも効果を与えられるため、肌の内側からフェイスラインのもたつきを改善できるわけです。

ハイフは顔ではなくお腹や二の腕にも照射できます。お腹や二の腕にハイフを照射すると、お腹痩せや二の腕の引き締め効果が期待できるでしょう。

小顔効果を得たい方や、ボディをシェイプアップしたい方にもハイフはおすすめです。

名古屋でハイフ(HIFU)施術を受けるクリニックの選び方

名古屋にはハイフ施術が受けられるクリニックが多数あるため、次の5つの選び方を参考にして、自身に合うクリニックを選んでください。

費用

ハイフ施術の費用はクリニックごとに異なります。相場より高いクリニックや反対に安すぎるクリニックは避けましょう。

なぜなら、必要以上に高い費用を払う必要はなく、安すぎると施術に満足できない可能性があるからです。そのほかにも、費用については次の点にも注意してください。

キャンペーンの有無

近頃は多くのクリニックで、ハイフ施術に使用できるキャンペーンを実施しています。キャンペーンを実施していないクリニックを選んでしまうと、安く施術できるチャンスを逃したことになるでしょう。

まずは施術料金が相場から大きく外れていないか確認し、相場の範囲内であれば、次にキャンペーンの有無の確認をしてください。クリニックの料金を比較する際は、キャンペーンを使用した場合の料金で比較する方法がおすすめです。

もしキャンペーンが使用できるかわからない場合は、電話もしくはカウンセリングで確認してみてください。

経験豊富な医師の在籍

ハイフはどのような医師が施術をおこなうかによって、仕上がりの満足度に差が出ます。ハイフの施術経験が少ない医師が施術をおこなうと、希望の仕上がりにならなかったり、効果が感じられなかったりする可能性がゼロではありません。

反対に経験豊富な医師が施術をおこなえば、理想の状態に限りなく近づいてくれるでしょう。悩みが多い場合でも、過去の経験により最適な施術方法を提案しています。

そのため、検討しているクリニックに、ハイフの経験が豊富な医師が在籍しているのか、必ず確認してください。医師の実績は公式サイトに記載があります。確認できない場合はカウンセリングにて相談しましょう。

SNSでハイフ施術の症例を探し、希望の仕上がりに近い投稿があれば、担当した医師を調べてみる方法もおすすめです。

無料カウンセリングは丁寧か

仕上がりの満足度は医師の腕のみならず、カウンセリングの丁寧さでも差が出ます。カウンセリングは最適な施術方法や、ハイフの照射位置、回数を決めるための重要な時間です。

肌質や悩みによって最適な治療は異なるため、カウンセリングが適当では、患者の肌の状態・悩みを深く知れません。カウンセリングが丁寧かどうかは、公式サイトだけではわからないでしょう。

そのため、口コミをチェックするか、実際に足を運んで確認する方法がおすすめです。カウンセリングの口コミ評価が悪かったり、実際に受けてみて対応が雑だと感じたりするクリニックでは、ハイフ施術を受けるのを控えたほうがよいでしょう。

通いやすさ

ハイフ施術はメスが不要なぶん、効果が永久的ではありません。施術後、3〜6か月程度経つと再び肌悩みを感じるようになります。

ハイフの施術を定期的に受ける場合、同じクリニックに通う方が都度初回カウンセリングを受ける手間が省けるのでおすすめです。継続して通う点を考えると、通いやすさもクリニックを選ぶ際に見ておくべきポイントといえます。

家から通いやすい位置にあるか、職場や学校から近い位置にあるクリニックを選ぶとよいでしょう。

自身に合った種類の機器の取り扱い

ハイフ施術が行える機器は主に次の3種類あります。それぞれ特徴が異なり、どの機器が合うかは個人差があるため、各機器の特徴も事前に調べておきましょう。

特徴を知ったうえで、自身に合いそうな機器を完備しているクリニックか確認してください。

ソノクイーン

ソノクイーンは3種類のカートリッジを使用し、皮膚の深さに合わせた施術がおこなえる点が特徴です。しわやたるみ改善の効果が期待できます。

そのため、たるみやほうれい線、二重あごを改善したい方や、目元や肌ハリをアップさせたい方におすすめの機器です。副作用として、筋肉痛のような痛みや、日焼けによる色素沈着が起こる可能性があります。

ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+も、ソノクイーン同様に3種類のカートリッジが使用できます。ほかの機器と比較し、施術時の痛みが少ないため、痛みに弱い方におすすめです。

肌のたるみやゆるみの改善のほか、顔全体やあご下、首元、目元のリフトアップ効果や引き締め効果も期待できます。

施術後の副作用には腫れやかゆみ、熱による傷、感染、色素沈着のリスクがあるため、カウンセリング時によく相談しましょう。

ダブロ

ダブロもほかの機器と同様に3種類の機器が使用できますが、ほかの機器と比較し、より均一に肌へ超音波を当てられる点が特徴です。痛みを感じにくく、皮膚へのダメージも少ない点がメリットといえます。

しわやたるみの改善が期待でき、ダウンタイムがほかの機器より短いため、術後のスケジュールに影響を与えたくない方におすすめです。

ダブロはほかにも、ダブロエスプラスやダブロゴールドもあるため、気になる方は完備しているクリニックが近くにないか探してみてください。

名古屋でハイフ(HIFU)施術におすすめの美容医療クリニック5選

名古屋にはハイフ施術が受けられるクリニックが多数あるため、どのクリニックを選ぶべきか悩んでいる方もいるでしょう。

次に紹介する5つのおすすめ美容医療クリニックをぜひ参考にしてください。

TCB東京中央美容外科 名古屋栄院

TCB東京中央美容外科の名古屋栄院は、ソノクイーンを使用したハイフ施術が受けられます。身体への負担が少なく、超音波をピンポイントに照射可能です。

TCB東京中央美容外科のハイフ施術は、効果の持続時間を半年から一年としています。3か月に1回程度の頻度で再施術をおこなうことをおすすめしているため、継続して通う場合の参考にしましょう。

施術料金は額と目回りを除いた全顔が1回24,800円(税込)、目回りは1回30,600円(税込)です。クーポンを適用すると全顔は4,800円(税込)から、目回りは10,600円(税込)から施術でき、半額以下とお得度が高い点がメリットといえます。

TCB東京中央美容外科の無料カウンセリングは何度でも無料です。気になる方はまず相談してみましょう。

聖心美容クリニック 名古屋院

聖心美容クリニックの名古屋院では、ウルセラシステムによるハイフ施術が受けられます。腫れや痛みが出にくい機器のため、ダウンタイムをできる限り少なくしたい方におすすめです。

リフトアップ効果や小顔効果、二重あごの解消や美肌、美白効果が期待でき、照射時間は最短5分程度と短い点もメリットといえます。

聖心美容クリニックの場合は、半年に1回程度の頻度での再治療をおすすめしているため、継続して通う方は目安にしてください。

施術費用は全顔1回264,000円(税込)、首1回165,000円(税込)、全顔+首1回385,000円(税込)です。

品川美容外科 名古屋院

品川美容外科の名古屋院のハイフは、タイタンを使用します。痛みが少なく、従来のハイフ機器の約2倍の速度で照射できるため、施術時間が短い点がメリットです。

そのほか、ソノクイーンやダブロでの施術も可能なため、複数の機器から自身の肌悩みに合う機器を選びたい方に品川美容外科は向いています。

また、品川美容外科は、ハイフと併用して糸リフトの施術もおこなうことをおすすめしているクリニックです。糸リフトもメスを使用しないリフトアップ術で、併用するとさらなる効果アップが期待できます。

施術費用は選ぶ機器によって異なり、全顔は1回29,700円(税込)から可能です。

東京美容外科(TKC) 名古屋院

東京美容外科(TKC) 名古屋院では、ソノクイーンまたはウルトラセルQプラスでのハイフ施術が受けられます。どちらの機器にするべきか悩んでいる方は、カウンセリングで相談してみてください。

東京美容外科では、ほかのクリニックでの施術の修正も依頼できます。ほかのクリニックで受けたハイフに満足できない場合は、ぜひ東京美容外科に相談してみてください。

施術費用はソノクイーンが目の下から目尻のみ1回で33,000円(税込)から、ウルトラセルQプラスで全顔1回55,000円(税込)からです。

現在ハイフのモニターを募集しており、通常料金より最大50%程度OFFの料金で施術が受けられます。気になる方はぜひモニターに応募してみるのもよいでしょう。

ザクリニック 名古屋院

ザクリニックの名古屋院では、従来のダブロからバージョンアップした、最新のNEWダブロによるハイフ施術が受けられます。皮膚へのダメージが少なく、SMAS筋膜に細かくアプローチできる点がメリットです。

施術費用は全顔1回120,000円(税込)から受けられます。キャンペーン情報は公式LINEにて配信されているため、まずはLINEの登録から始めてみましょう。

クリニックでのハイフ(HIFU)施術の流れ

クリニックでハイフの施術を受ける場合の基本的な流れは次のとおりです。

クリニックでの施術が初めての方は、事前に流れを知っておくと緊張感が和らぐでしょう。

1:事前予約

ハイフ施術を受けるためには、無料カウンセリングを受ける必要があります。無料カウンセリングは基本的に予約が必要なため、公式サイトや電話で予約をとりましょう。

2:医師によるカウンセリング

まず医師によるカウンセリングをおこないます。カウンセリングの前に問診票へ記入する場合もあるでしょう。問診票はカウンセリングに必要なもののため、できる限り細かく記入してください。

医師によるカウンセリングでは、ハイフ施術がおこなえるか、患者にとってハイフ施術が最適か診断します。ハイフをおこなっても問題ないと判断されたら、施術や効果、副作用について説明されるでしょう。

ハイフに関して質問や疑問があれば、必ずカウンセリング時に相談しましょう。

3:契約と料金の支払い

ハイフ施術の内容や費用に納得したあとは、契約手続きをおこない料金を支払います。支払い方法はクリニックによって異なるため、現金以外の方法で支払いたい方は、事前に使用できる支払い方法について調べておいてください。

別の日に施術をおこなう場合は、施術日の予約を取り帰宅します。

4:洗顔

施術当日はメイクを落とし、洗顔を済ませなければなりません。多くのクリニックでは、院内にメイク落としや洗顔料を用意しています。

もちろん、持参したメイク落としや洗顔を使用しても問題ありません。

5:治療と施術

ハイフは痛みが少ない施術のため、基本的に麻酔は使用しません。痛みが強い場合は、機器の出力レベルを下げてもらえるため、我慢せず医師に申し出ましょう。施術が終了したら帰宅します。

名古屋でのハイフ(HIFU)施術に関するよくある質問

名古屋でのハイフ施術に関するよくある質問は次の5つです。5つ以外にも疑問点があれば、必ずカウンセリング時に相談し、解決してから契約しましょう。

名古屋のハイフ(HIFU)の費用相場はどのくらい?

名古屋のハイフの相場費用は、全顔で30,000〜264,000円と幅広いでしょう。クリニックや機器ごとに異なるため、カウンセリングでよく相談してください。

ハイフ(HIFU)の効果が出にくい方は?

皮膚のたるみのレベルが強い方は、ハイフのみでは効果が出にくい場合があります。

一般的にはメスを入れるリフトアップ施術を提案されますが、ハイフのみで解決したい場合は、時間と回数をかけて施術を繰り返す必要があるでしょう。

ハイフ(HIFU)の効果の持続期間はどのくらい?

個人差がありますが、3〜6か月程度持続する方が多い傾向にあります。ハイフの効果を継続させたい場合は、3〜6か月程度後に再び施術を受けるとよいでしょう。

次回の施術時期については、カウンセリング時に医師に相談して決めても構いません。

ハイフ(HIFU)施術後のダウンタイムの時間は?

ダウンタイムとは、施術後から普段の肌に戻るまでの期間を指します。ダウンタイムは1週間程度が目安のため、もし1週間以上何らかの症状が続く場合は、なるべく早めに施術を受けたクリニックに相談してください。

ハイフ(HIFU)はメンズにもおすすめですか?

ハイフはたるみやしわに悩む男性にもおすすめできます。メンズのハイフをおこなうクリニックは多数あるため、気になる方はぜひ探してみてください。

まとめ

ハイフは超音波を皮膚に照射し、たるみやしわの改善や小顔効果を得る美容施術です。医療ハイフはエステサロンのハイフより効果が高いため、素早く悩みを改善したい方は、クリニックでのハイフをおすすめします。

名古屋でクリニック選びに迷っている方は、ぜひおすすめした5つのクリニックを参考にしてください。

<参考>
TCB東京中央美容外科
聖心美容クリニック
品川美容外科

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次