MENU

そばかす・シミを消す方法!自力でできるセルフケアやおすすめの治療法を紹介

そばかす・シミ取りでおすすめの治療方法やクリニックも紹介しているため、綺麗な肌になりたいと悩んでいる方はぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

自力でそばかす・シミを消すことはできる?

そばかすやシミを自力で完全に消すことはできません。しかし、正しいセルフケアを継続することで、薄くすることは可能です。

目立たなくなる程度まで改善できれば、メイクの手間や時間は軽減されるでしょう。ただし、即効性はなくターンオーバーに合わせて改善されるため、なによりも継続が重要です。

お金をかけずに改善したい方は正しいケアの方法を知り、根気強く続けましょう。

体の内側からそばかす・シミを消す方法 

そばかす・シミは、次のような体の内側からのアプローチで改善が期待できます。

  • 食事で必要な栄養を摂取
  • サプリで栄養を補う

とくに食生活が乱れがちな方は肌トラブルが多発しやすく、根本的な改善から始めることが大切です。それぞれ詳しく解説していくため、まずはそばかす・シミを排出しやすい体作りから始めましょう。

食事で必要な栄養を摂取

手軽にケアを始めるなら、食事でそばかす・シミの改善に必要な栄養を摂取しましょう。具体的には、次のような栄養がそばかす・シミの改善に働きかけます。

栄養素効果食材
ビタミンA・皮膚の健康を保つ
・抗酸化作用
・ほうれん草
・にんじん
・小松菜
・かぼちゃ
・ブロッコリー
ビタミンC・皮膚のメラニン色素の生成を抑制
・コラーゲンの生成を促進
・抗酸化作用
・レモン
・パプリカ
・トマト
・いちご
ビタミンE・抗酸化作用
・抗炎症作用
・かぼちゃ
・ナッツ類
・大豆
L-システイン・ターンオーバーの正常化
・抗酸化作用
・レバー
・魚類
・卵
・玉ねぎ
リコピン・抗酸化作用
・皮膚のメラニン色素の生成を抑制
・トマト
・スイカ
・柿
・にんじん

このように、身近な食材にそばかす・シミを改善してくれる栄養素が含まれています。スキンケアとあわせて食事にも気を配ることで、効率的に改善が目指せるでしょう。

サプリで栄養を補う

自炊が苦手な方や、忙しくて食事をしっかり取れない方は、必要な栄養をサプリから補いましょう

具体的には、次のような美白ケアができる成分が含まれたサプリを選んでみてください。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • トラネキサム酸
  • L-システイン

これらのサプリを食事と一緒に服用することで、そばかす・シミの改善に必要な栄養をバランスよく摂取できます。サプリメントはドラッグストアや通販でも販売されているため、成分表で成分名と含有量をよく確認して購入してみてください。

体の外側からそばかす・シミを消す方法

体の外側からそばかす・シミを改善する方法は次のとおりです。

  • 市販薬や化粧品を服用する
  • 美顔器を使う

そばかす・シミは紫外線や摩擦など、外側からの刺激によって発生します。そのため、上記のようなスキンケアで肌の状態を整えることが大切です。それぞれの方法を詳しく解説するため、日々のスキンケアに取り入れてみてください。

市販薬や化粧品を服用する

そばかす・シミを改善するには、有効成分が配合された市販薬や化粧品を使用しましょう。さまざまな商品が販売されていますが、メラニン生成の抑制やメラニン色素の排出を促す、市販薬や化粧品がおすすめです。

医薬品に比べると有効成分の含有量は少ないですが、継続することで効果が期待できます。そばかすやシミはターンオーバーによって排出されるため、効果が現れるまでに1か月程度は継続してみてください。

ただし、1日に何錠も服用しなくてはいけない市販薬もあります。事前に用法用量を確認して、無理なく生活に取り入れられるものを選びましょう。

美顔器を使う

家庭用の美顔器の中でも、イオン導入機能がついているものはそばかす・シミの改善に効果が期待できます

イオン導入は、電流を流すことで肌の奥まで美容成分を届きやすくする美容法です。手で塗るよりも浸透力が高く、化粧品に含まれる有効成分の効果が発揮しやすくなります。

ただし、美顔器を使い過ぎると、通常のスキンケアでは肌に美容成分が浸透しにくくなるため、使用頻度はしっかり守りましょう。

美顔器の中には、LEDやEMSなども搭載した多機能な商品もあります。シミ以外にも肌悩みがある方は、しっかり比較して選んでみてください。

メイク・化粧品でそばかす・シミを消す方法

自力によるそばかす・シミのケアは、効果が現れるまでに時間がかかります。人目が気になる方は、メイクで隠してストレスを軽減しょう。

そばかす・シミ隠しにおすすめの化粧品は次のとおりです。

  • コンシーラー
  • ファンデーション
  • コントロールカラーベース

どのような商品を選べばいいか詳しく解説するため、メイクでうまく隠せない方はぜひ参考にしてみてください。

コンシーラー

濃いシミやそばかすを隠したい場合は、コンシーラーを使用しましょう。隠したい部分に塗布して輪郭をぼかせば、自然で均一な肌を再現できます

コンシーラーにはいくつか種類がありますが、細かい部分にはペンシルタイプやスティックタイプがおすすめです。小さいそばかす・シミもピンポイントで隠せます。

比較的広い範囲を隠したい場合は、クリームタイプやスティックタイプがおすすめです。フェンデーションでは隠しきれない大きく濃いシミや、広範囲に広がるそばかすに適しています。

商品によって色味やカバー力、密着感が異なるため、実際にテスターで試してから購入してみてください。

ファンデーション

自然にそばかす・シミを消したい場合は、ファンデーションを見直すことをおすすめします。コンシーラーはカバー力に優れている反面、厚塗り感がでたり、場所によってはヨレやすかったりする点がデメリットです。

薄いそばかす・シミは、カバー力のあるファンデーションで十分隠せるため、部分的にコンシーラーを使用すれば自然な仕上がりになるでしょう

とくに、リキッドやクリームタイプのファンデーションはカバー力に優れており、保湿成分を配合した商品が多く販売されています。カバーしながらほどよいツヤ感も演出できるため、厚塗り感が苦手な方におすすめです。

コントロールカラーベース

コンシーラーやファンデーションのみで綺麗に隠れない方は、コントロールカラーベースを使用してみるのもおすすめです。

コントロールカラーベースとは、ピンク・ブルー・イエロー・グリーン等の色で肌悩みを補正するアイテムです。中でも、そばかす・シミにはイエロー系のコントロールカラーベースが適しています。

使用方法は、化粧下地の後に気になる箇所にピンポイントで塗布するか、下地の代わりに顔全体に塗ってください。イエローは肌馴染みがいいため、自然にそばかす・シミをカバーしてくれるでしょう。

そばかす・シミの種類

そばかす・しみには次のような種類があります。

  • 肌へのダメージによるシミ
  • 女性ホルモンが影響するシミ
  • ニキビや虫さされ跡によるシミ
  • 遺伝が影響するそばかす

原因によって消す方法も変わるため、自身のそばかす・シミがどの種類なのか事前に確認しておきましょう。

肌へのダメージによるシミ

シミの多くは、肌へのダメージによってできており、「老人性色素斑」といわれています。ほかのシミと異なる特徴は、主に紫外線によるダメージででき、年齢とともに目立ち始める点です。

大きさは直径5mm程度の小さいものから3cmを超えるものまであり、多くは経過とともに濃くなります。紫外線が当たる頬周辺にできやすく目立ってしまうため、早めのケアが重要です。

女性ホルモンが影響するシミ

女性ホルモンの影響でできる「肝斑」もシミの一種です。肝斑は、ホルモンバランスが乱れやすい30〜40代に多くみられ、ストレスによってできる場合もあります。

特徴は見た目がモヤッとした淡い褐色で、左右対称にできる点です。クリニックで治療を受ける場合、老人性色素斑と治療法が異なるため、実績のある医師に正しく診断してもらう必要があります。

ニキビや虫さされ跡によるシミ

ニキビや虫さされ跡がシミになることもあり、「炎症後色素沈着」と呼ばれています。何らかによる肌ダメージが、悪化したり長引いたりすると色素沈着がおこりやすくなります。

そのため、ニキビや虫刺されなど傷ができた場合は、なるべく触らずに自然に治るのを待ちましょう。

遺伝が影響するそばかす

そばかすは「雀卵斑」ともよばれており、遺伝が影響して発生するシミのことです。「フェオメラニン」と呼ばれる黄色や赤色のメラニンを遺伝によって多く受け継ぐことで、そばかすが発生するとされています。

一般的なシミに比べ1〜4mm程度と小さく、鼻や頬などに斑点状に複数みられるのが特徴です。思春期をピークに濃くなりますが、年齢とともに薄くなるため、治療を急ぐ必要はないでしょう。

そばかす・シミを予防するセルフケア方法

そばかす・シミはケアをせずに放っておくと、症状が悪化する可能性もあります。新たなそばかす・シミを発生させないためにも、次のようなセルフケアでしっかり予防することが大切です。

紫外線対策

洗顔・クレンジング

保湿ケア

美白化粧品

サプリメント

睡眠や食事

それぞれのセルフケア方法を詳しく解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

紫外線対策

紫外線はそばかすやシミの原因となるメラニン色素を生成するため、日頃から対策が必要です。紫外線は夏のみでなく、冬や曇りの日など1年を通して降り注いでいます。

また、屋内にいる場合も、窓ガラスやカーテンを通して紫外線が当たるため、毎日のスキンケアとして日焼け止めを使用するといいでしょう。日差しの強い日に外出する場合は、帽子や日傘などのグッズを活用してみてください。

洗顔・クレンジング

肌を摩擦することでメラニン色素が生成されることもあります。そのため、洗顔・クレンジングは強く擦らず、優しくマッサージするように使用しましょう。

また、アルコールやスクラブなどが入った刺激の強い洗顔やクレンジングを使用し続けることも肌にはよくありません。肌に使用するものは、なるべくマイルドなものを選びましょう

保湿ケア

そばかす・シミ予防には保湿ケアも効果的です。肌の乾燥はバリア機能を低下させ、紫外線や摩擦などのダメージを受けやすくなります。

スキンケアの際に保湿をしっかりおこなうことで、肌に潤いを与えつつ表面をコーティングし刺激から肌を守れます。とくにヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分は保湿効果が高いため、化粧品を選ぶ際にチェックしてみてください。

美白化粧品

美白化粧品はメラニンの生成を抑制したり、ターンオーバーの乱れを整えたりする効果が期待できます。とくに、次のような成分は、厚生労働省よりそばかす予防に効果的であると発表されているため、チェックしておきましょう。

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • コウジ酸

これらの成分はすでにできているそばかす・シミを薄くする効果も期待できるため、積極的にスキンケアに取り入れましょう。

サプリメント

サプリメントはそばかす・シミの改善におすすめと先述しましたが、予防でも活躍します。そばかす・シミができにくい肌を作るためには、必要な栄養素をしっかり補給することが大切です。

とくに、ビタミンCやビタミンEは、抗酸化作用やメラニンを薄くする効果が期待できるため、サプリメントから取り入れてみてください。

睡眠や食事

そばかす・シミの予防には、睡眠や食事に気を配ることも大切です。生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れにつながるため、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

睡眠は早寝早起きを意識し、6〜7時間は確保してください。また、食事は栄養バランスが整ったものを1日3食とり、予防に必要な栄養素を補給しましょう。また、適度な運動はストレス解消にもつながるためおすすめです。

そばかす・シミが消せる美容医療クリニックの施術方法

そばかす・シミは自力のケアで薄くすることはできますが、時間がかかるうえ、完全に消すことは困難です。

できるだけ早く綺麗に消したい方は、美容医療の力を活用することも検討してみるといいでしょう。そばかす・シミ消しに効果的な施術は次のとおりです。

  • レーザー治療
  • 光・IPL治療
  • ケミカルピーリング
  • レーザートーニング

シミの種類によって適切な治療方法は変わるため、まずはそれぞれの内容をチェックしましょう。

【メラニン色素を破壊】レーザー治療

レーザー治療は、シミの原因となるメラニン色素を高出力のレーザーで破壊する治療法です。シミによっては1回の治療で改善でき、消えたシミが再び現れることはありません。

レーザーの種類は数多く存在しますが、代表的なものは次のとおりです。

  • Qスイッチルビーレーザー
  • Qスイッチヤグレーザー
  • ピコレーザー
  • 炭酸ガスレーザー

術後は患部にテープや絆創膏を張って保護する必要があるため、ダウンタイムを考慮した施術日の設定が必要でしょう。

また、機械によって施術できるシミの種類が異なります。とくに、そばかすを治療したい場合は、医師と相談しながら慎重に決めることが大切です。

【総合的な肌トラブルに】光・IPL治療

そばかす・シミ以外にも肌悩みがある場合は、光・IPL治療がおすすめです。光・IPL治療は、レーザーよりも弱い出力で光を広範囲に照射し、肌トラブルを改善させます

そばかす・シミはもちろん、ニキビ跡やくすみ、毛穴など総合的な肌トラブルに対応可能です。

また、ダウンタイムがほぼなく術後すぐにメイクできるため、生活に支障がでにくいでしょう。光・IPL治療には、次のような種類があります。

  • フォトRF
  • ルメッカ
  • M22

治療内容によって効果は異なりますが、3〜5回以上の施術で少しずつ改善されます。複数の肌悩みがある一方で施術のダウンタイムが気になる方は、光・IPL治療を検討してみるといいでしょう。

【ターンオーバーを促す】ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌の古い角質を取り除き、ターンオーバーを促す治療法です。ターンオーバーが促されると、メラニンが排出されやすくなり、シミの改善や予防、美白効果も期待できます。

ケミカルピーリング単体での効果は緩やかなため、短いスパンで5〜10回程度の施術が必要です。ただし、レーザー治療や光治療と組み合わせることで、より効率的に改善が目指せます。

また、ダウンタイムが少なく費用も比較的安価で、気軽に受けられるのも魅力です。ケミカルピーリングで代表的な施術は次のとおりです。

  • グリコール酸ピーリング
  • 乳酸ピーリング
  • サリチル酸マクロゴールピーリング
  • マッサージピーリング

それぞれ使用している薬剤が異なるため、医師とよく相談してから選択しましょう。

【アンチエイジング効果】レーザートーニング

レーザートーニングは、通常のレーザーよりも弱い出力で肌全体に照射することで、アンチエイジング効果が期待できる治療法です。

レーザーの波長が長く皮膚の深部までアプローチできるため、そばかす・シミはもちろんハリやキメ、小ジワなど、さまざまな肌悩みを改善できます。

また、通常のレーザーでは治療できない肝斑にも照射が可能で、シミや色素沈着の症状を悪化させるリスクもありません。施術回数の目安は5〜10回と多めですが、ダウンタイムが少なく気軽に受けられるのは嬉しいポイントです。

【実績豊富】そばかす・シミ治療がおすすめの美容医療クリニック3選

そばかす・シミ治療がおすすめの美容医療クリニックは次のとおりです。

  • 品川美容外科
  • TCB東京中央美容外科
  • 東京美容外科

それぞれの特徴や、受けられる施術を詳しく解説するため、治療を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

品川美容外科

施術メニューが豊富

カウンセリングは何度でも無料

トライアル料金で始めやすい

品川美容外科の特徴は、そばかす・シミ治療の施術メニューが充実しており、シミの種類や予算に合わせて選べる点です。マシンを使用した施術は9種類も取り扱いがあり、さまざまな肌悩みに対応できます。

施術メニューが多いと逆に悩んでしまいがちですが、カウンセリングは何度でも無料で受けられるため、じっくり検討できるでしょう。

施術メニューの中には、トライアル料金が設定されているものもあり、お試し感覚で始められます。クリニックや施術メニュー選びは慎重におこないたい方や、肌の負担が心配な方におすすめです。

そばかす・シミにおすすめの施術メニュー

  • Qスイッチヤグレーザー:4,320円(税込)〜
  • フォトシルクプラス:7,990円(税込)〜
  • レーザートーニング:2,700円(税込)〜
クリニック名品川美容外科
院数39院
施術内容レーザー治療光・IPL治療ケミカルピーリングレーザートーニング内服薬・外用薬
カウンセリング料無料
支払い方法現金デビットカードクレジットカード医療ローン
営業時間品川本院10:00~20:00

TCB東京中央美容外科

院数が多く通いやすい

完全個室でプライバシーに配慮

LINEで無料相談が可能

TCB東京中央美容外科の特徴は、全国に89院も展開しており、地方に住んでいる方でも通いやすい点です。2023年1月に新たに4院の開院が予定されていることから、今後も全国展開が期待されます。

院内は待合室から施術室まで完全個室であるため、ほかの患者と顔を合わせる心配はありません。人目が気になる方も通いやすいでしょう。

カウンセリング前に簡単な質問や確認したいことがある場合は、LINE無料相談が便利です。メッセージで気軽に相談ができるうえ、そのまま予約をとることも可能なため、カウンセリングをためらっている方はぜひ活用してみてください。

そばかす・シミにおすすめの施術メニュー

  • ライトフェイシャル:2,040円(税込)〜
  • ピコレーザー:9,800円(税込)〜
  • ハイドラフェイシャル:16,100円(税込)〜
クリニック名TCB東京中央美容外科
院数89院
施術内容レーザー治療光・IPL治療ケミカルピーリングレーザートーニング内服薬・外用薬
カウンセリング料無料
支払い方法現金デビットカードクレジットカードスマホ決済(QRコード決済)スマホ後払い(QRコード決済)医療ローン
営業時間10:00~19:00※一部クリニックを除く

東京美容外科

保証制度が充実

メディカルコスメの取り扱いが豊富

期間限定のキャンペーンあり

東京美容外科の特徴は、無料のアフターケアや術後の永久保証など、保証制度が充実している点です。たとえば、適正な施術を受けたにもかかわらず、十分な効果が得られない場合は無料で再施術を受けられます。

万が一の場合にもしっかりサポートしてもらえるため、保証を受けられるクリニックを探している方におすすめです。

レーザー治療やメディカルピーリング以外にも、自宅でケアできるメディカルコスメを豊富に取り扱っています。あまり費用をかけたくない方や、術後のシミを防ぎたい方は検討してみるといいでしょう。

また、期間限定のキャンペーンが定期的におこなわれているため、費用を抑えたい方はぜひチェックしてみてください。

そばかす・シミにおすすめの施術メニュー

  • ピコレーザー:49,500円(税込)〜
  • ルメッカ(インモード):27,500円(税込)〜
  • コラーゲンピール(マッサージピール):19,800円(税込)〜
クリニック名東京美容外科
院数21院
施術内容レーザー治療光・IPL治療ケミカルピーリングレーザートーニング内服薬・外用薬
カウンセリング料無料
支払い方法現金医療ローンデビットカードクレジットカードコード決済
営業時間新宿院10:00~19:00

まとめ

そばかす・シミは自力で完全に消すことはできませんが、目立たない程度まで薄くすることは可能です。自力で改善する方法は、次のように体の内側と外側からケアすることが大切です。

体の内側からそばかす・シミを消す方法

  • 食事で必要な栄養を摂取
  • サプリで栄養を補う

体の外側からそばかす・シミを消す方法

  • 市販薬や化粧品を服用する
  • 美顔器を使う

食事による改善は今日から手軽に始められるため、栄養バランスを考えながら取り入れましょう。

そばかす・シミを完全に消したい方や、すぐに効果を得たい方は、医療美容クリニックでの治療がおすすめです。治療法は多種多様で、シミの状態や予算に合わせて選択できます。

本記事で紹介したクリニックは施術メニューが充実しているうえ、良心的な料金設定が特徴です。カウンセリングは無料で受けられるため、そばかす・シミを根本的に改善したい方はぜひ検討してみてください。

<参考>
品川美容外科
TCB東京中央美容外科
東京美容外科

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次