MENU

ダーマペン施術はいちご鼻の改善におすすめ?毛穴の悩みに効果的な理由まとめ

いちご鼻は、毛穴の黒ずみが目立ち、ファンデーションやコンシーラーでカバーできない状態です。いちご鼻はセルフケアで目立たないようにする方法もあるものの、誤ったケアをすると悪化するため注意しなければなりません。

いちご鼻をセルフケアのみで完全には解消できないため、美容医療を検討する方もいるでしょう。いちご鼻を解消したい方は、美容医療のダーマペン施術を受ける方法がおすすめです。

本記事では、いちご鼻の原因やダーマペン施術のメリット、おすすめの美容医療クリニックを紹介します。いちご鼻の正しいセルフケア方法もあわせて紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

いちご鼻の主な原因

いちご鼻の主な原因は、角栓が酸化することです。角栓が酸化して黒ずみ、毛穴が開いて目立つようになります。角栓の多くは肌の代謝で剥がれた角質で、一部は毛穴に詰まる皮脂です。

頬や鼻は古い角質や皮脂が詰まりやすく、除去しなければ角栓が大きくなるため、毛穴が目立ちやすい場所です。いちご鼻になる主な原因は角栓の酸化ですが、ほかにも考えられる原因を6つ紹介します。

過度な洗顔

いちご鼻を解消するために鼻をこするように洗顔すると、肌に強い刺激が加わり、乾燥につながります。いちご鼻の原因である角栓は、洗顔で除去できません。洗顔は肌表面に付いた汚れを除去する方法であり、丁寧に力を入れず洗うことが大切です。

さらに、いちご鼻を解消するために何回も洗顔をすると、肌に必要な水分が奪われ、肌が乾燥します。肌の水分が失われると、肌が乾燥を防ぐために皮脂を過剰分泌します。

過度な洗顔をすると、いちご鼻の原因である角栓が大きくなるため注意が必要です。洗顔やクレンジングなどで肌に触れる際は、力を入れず優しくケアしましょう。

過度なピールオフパックの使用

いちご鼻の主な原因は角栓の詰まりです。そのため古い角質を除去するピーリングも有効ですが、過度な使用は肌に負担がかかるため注意しましょう。

また毛穴パックはいちご鼻の原因である角栓を簡単に除去でき、黒ずみをすぐに解消できることがメリットです。しかし毛穴パックは剥がす際に肌へ刺激が加わり、いちご鼻の原因の角栓のみではなく、肌を守る角質もはがれてしまいます。

いちご鼻を解消するために高頻度で毛穴パックをすると、肌の乾燥や炎症につながります。ピーリングや毛穴パックをする際は、商品説明に記載されている使用頻度や使用方法を守り、きちんと保湿しましょう。

肌のターンオーバーの乱れ

古い角質が剥がれ、新しい細胞に生まれ変わる肌のターンオーバーには、一定のサイクルがあります。いちご鼻を解消、予防するためには、肌のターンオーバーのサイクルを正常な状態に保つことが大切です。

肌のターンオーバーのサイクルが乱れると肌に古い角質が溜まり、毛穴に角栓ができます。肌のターンオーバーは精神的なストレスや身体への負担、肌の乾燥が原因で崩れるため、まずは生活習慣を見直しましょう。

毛穴の開きやたるみ

いちご鼻は、毛穴が開きたるむことで、雫のような形になり目立ちます。年齢を重ねると皮膚がたるむため、年齢とともにいちご鼻が目立つようになり、悩む方も多いのではないでしょうか。

肌の基礎になるエラスチンやコラーゲンが年齢とともに減少して肌がたるみ、毛穴も下に広がります。いちご鼻の原因が毛穴の開きやたるみの方は、正しいスキンケアが重要なポイントです。

紫外線

毛穴の周辺は、紫外線が当たるとメラニン色素が生成されやすい部位です。紫外線の影響で、いちご鼻のみではなく、シミやそばかすの原因になります

さらに誤ったスキンケアで肌に負担をかけ続けると、肌が炎症を起こしてメラニン色素が増えるため注意が必要です。

メラニン色素は肌の毛穴周辺に溜まり、毛穴の黒ずみが目立ちます。いちご鼻に悩む方は、メラニン色素で黒ずみが悪化しないように紫外線対策をしましょう。

また肌は一定のサイクルで新しい肌に生まれ変わりますが、ホルモンバランスの乱れやストレス、加齢が原因でターンオーバーが乱れるケースも少なくありません。

肌代謝のサイクルの乱れは、毛穴周辺のメラニン色素の蓄積につながり、毛穴周辺のメラニン色素が排出されず蓄積して、いちご鼻が目立ちます。

皮脂の過剰分泌

いちご鼻に触れた際に手触りがザラザラしている場合は、角栓が原因で黒ずみができている状態です。角栓は皮脂が過剰分泌されて、古い角質と混ざったものです。

皮脂の分泌量が多いTゾーンは、とくに毛穴が目立ちます。皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れやストレス、肌が乾燥している際にも皮脂が過剰分泌されるため注意が必要です。

いちご鼻にダーマペンが効果的な理由

いちご鼻を目立たないようにする、解消するためには、ダーマペン施術を受ける方法がおすすめです。なぜいちご鼻にダーマペンが有効といわれているのか、主な理由を紹介します。

毛穴の引き締め効果が期待

小鼻や頬、顎、おでこは毛穴に汚れが溜まりやすく、黒ずみが目立ちます。さらに年齢を重ねると、肌が重力に負けてたるみます。肌がたるむと毛穴も同時にたるみ、毛穴の形が雫状になるためいちご鼻が目立ちます。

ダーマペンはコラーゲンの生成を促し、肌のターンオーバーも促す治療です。肌が必要な水分を保持できるようになり、乾燥を防ぐ効果が期待できます

皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による毛穴の開きや黒ずみも解消でき、毛穴を引き締める効果が期待できます。

皮脂の過剰分泌を抑制

皮脂が過剰分泌されると毛穴が詰まり、酸化していちご鼻が目立つようになります。さらに角栓が大きくなり、毛穴の開きにつながります。肌は常に一定量の皮脂が分泌されており、肌の乾燥を防いでいる特徴があります。

しかし、さまざまな要因で皮脂が過剰分泌されると毛穴が塞がり、古い角質と混ざり合って角栓ができます。皮脂の過剰分泌は、過度な洗顔や食事による脂質過多、ホルモンバランスの乱れなどさまざまです。

ダーマペンで肌に刺激を加えると、傷を治すために細胞が活性化して、肌の新陳代謝を促します。肌のターンオーバーを正常な状態に戻すと、皮脂の過剰分泌も防げるため、角栓が溜まりにくくなることがメリットです。

小鼻の細部にもアプローチ可能

ダーマペンは、小鼻の細部まで施術できることが特徴です。ダーマペンはペンの形をしており、小鼻のほか目元周辺など、デリケートな部分の細かい施術も可能です。

またダーマペンと似ている治療として、ダーマローラーも挙げられます。ダーマローラーは、ローラーがついた細い針を使用した施術です。ダーマペンと同様に肌の上で転がし、細い針で施術します。

しかし細部までの施術は困難で、小鼻や目元まではアプローチできません。いちご鼻の悩みを解消したい方は、ダーマローラーよりもダーマペンの方がよいでしょう。

悩みにあわせて治療を実施可能

ダーマペンは、いちご鼻以外の肌悩みの施術も同時に受けられることが特徴です。肌悩みに適したオプションの薬剤を追加できます。ダーマペンで肌に小さな穴を開けるため、美容成分を内部まで効率よく浸透させられる点が魅力です。

美容医療クリニックごとにオプションメニューは異なるものの、コラーゲンピールやマッサージピールなどの組み合わせを選択できます。

いちご鼻の改善に効果的な美肌成分

いちご鼻を改善するためには、美肌成分を使用する方法がおすすめです。美肌成分にはいくつかの種類があるものの、とくにいちご鼻の改善に効果が期待できる成分を紹介します。

アスコルビン酸

アスコルビン酸は、ビタミンCを補う成分です。ビタミンCは、肌のターンオーバーに役立つコラーゲン生成を促します。

またシミの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、抗菌作用も期待できることが魅力です。人間の体内でビタミンCを生成できないことから、食事やドリンクで摂取する必要があります。

しかし毎日の食事で、フルーツや野菜から摂取するのは簡単ではありません。食事内容を意識しながら、アスコルビン酸も注入すると、いちご鼻の悩みを改善できる可能性が高くなるでしょう。

グロスファクター

グロスファクターは、タンパク質の一種である細胞増殖因子EDFです。グロスファクターは、人間の体内で幹細胞を生成し、肌の再生力を向上させたり、細胞を活性化させたりなどの働きがあります

グロスファクターは美肌を維持するために必要なタンパク質ですが、徐々に減少する点が特徴です。グロスファクターが減ることで、肌のターンオーバーも乱れます。

そのためグロスファクターを増やし、肌のターンオーバーを促進させるといちご鼻の改善効果が期待できます。美容医療クリニックでは、肌の真皮層へグロスファクターを注入する治療が可能です。

細胞にアプローチし、エラスチンやコラーゲンの生成を促進させます。

ウーバープロ

ウーバープロは、ニキビ予防や肌のターンオーバーの促進、炎症の抑制などのさまざまな効果が期待できます。数種類の美肌成分が含まれている刺激が少ないピーリング剤です。

ウーバープロの配合成分は次のとおりです。

■ コウジ酸

■ 乳酸

■ マンデル酸

■ レゾルシノール

■ ピルビン酸

■ ヒアルロン酸

■ レチナールデヒド

■ フェルラ酸

■ アルブチン

■ 銅ペプチド

■ ナイアシンアミド

コウジ酸と乳酸、マンデル酸は、肌を再生させる効果が期待できます。ナイアシンアミドは抗炎症作用、ピルビン酸はニキビ治療に役立つ成分です。

フェルラ酸とアルブチンは美白作用、銅ペプチドは傷の治癒に効果が期待できます。ウーバープロの複数の成分で、いちご鼻の原因になる毛穴の開きや毛穴詰まりの改善につながります。

ほかにも色素沈着やシミを薄くしたい方や、ニキビによる炎症やニキビ跡の治療を検討している方にもおすすめです。

ブライトライト

ブライトライトは、メラニンの生成を促す酵素チロシナーゼの作用を抑える効果が期待できます

酵素チロシナーゼの働きを抑制するビタミンC、コウジ酸やカンゾウ根を配合した成分です。いちご鼻の原因になる肌の乾燥を防ぎ、美肌や抗酸化作用が期待できます。

PRX-T33

PRX-T33は、肌の奥でコラーゲンの生成を促進するピーリングです。トリクロロ酢酸やコウジ酸、過酸化水素水をメインに、複数の成分が配合されています。トリクロロ酢酸は肌の真皮層まで浸透し、細胞にアプローチします。

細胞を刺激すると、肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を促す効果が期待できる成分です。過酸化水素水は、血流を促進させる作用や傷を治す作用があり、コウジ酸はメラニン生成や活性酸素の生成、肌の糖化を抑える作用が期待できます。

PRX-T33は、トリクロロ酢酸と濃度が低い過酸化水素水を混ぜることによって肌の炎症を抑える薬剤です。コラーゲンを生成する作用のみではなく、コウジ酸を含むことで美肌効果を期待できることが魅力です。

【いちご鼻改善】ダーマペン施術がおすすめの美容医療クリニック5選

いちご鼻改善効果が期待できるダーマペン施術は、複数の美容医療クリニックで受けられます。しかし美容医療クリニックの種類は多く、選ぶことが難しいと感じる方もいるでしょう。

そこで、ダーマペン施術が人気の美容医療クリニックを5つピックアップしました。それぞれの特徴を確認し、気になるクリニックでいちご鼻の悩みを相談してみましょう。

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は全国に92院あるため、職場や自宅から通いやすい店舗を選べることがメリットです。またダーマペンの施術を受けたあとは、肌がデリケートな状態です。

赤みや炎症などの肌トラブルを防ぐためにも、紫外線や外気を浴びないように帰宅する必要があります。

TCB東京中央美容外科は自宅から近い店舗を選択でき、ダーマペンの施術をしたあとはスムーズに帰宅が可能です。そのため肌トラブルを防ぐことにつながるでしょう。

ダーマペンの治療を継続したい場合も、通いやすい店舗を選べることがメリットです。TCB東京中央美容外科のダーマペンは、コラーゲンピールと組み合わせる施術が人気を集めています。

ダーマペンで肌に微細な穴を開け、ピーリング材の一種であるコラーゲンピールを浸透させる方法です。

美肌成分が皮膚の深くに届き、肌の修復作用を促します。肌のターンオーバーが促進され、いちご鼻のみではなく、シワやたるみの改善効果も期待できることが魅力です。

品川美容外科

品川美容外科はダーマペン4の施術が可能で、オプションメニューから自身の肌悩みに適した施術を組み合わせられます。品川美容外科で取り扱うダーマペン4のオプションメニューは、コラーゲンピールを導入するヴェルベットスキンです。

ヴェルヴェットスキンは、肌のくすみやたるみにアプローチする施術で、肌にハリや透明感を与える効果が期待できます。また品川美容外科は、ダーマペンの施術後のアフターケアと診察が無料です。

仕事が忙しい方や、品川美容外科が遠く足を運べない方は、ダーマペンの治療後のアフターケアや症状などをメールで相談できます。

東京美容外科

東京美容外科はダーマペンの経験豊富な医師が在籍しており、はじめて美容医療クリニックを利用する方でも安心なクリニックです。無料カウンセリングではダーマペンにかかる料金やメリット、デメリットの説明を受けられます。

さらに東京美容外科は、ダーマペンの施術を受ける際に肌の悩みに適した薬剤を選択可能です。55種類の美肌成分配合のフィロルガダーマや、肌のハリや弾力アップに効果的なヴェルベットスキンなどから選択できます。

また東京美容外科では、ダーマペンの施術後のアフターケアが無料です。ダーマペン施術後に、万が一肌トラブルが起きても無料で対応してもらえるため、安心して施術を受けられるでしょう。

湘南美容医療クリニック

湘南美容医療クリニックは、ダーマペンの施術に使用する薬剤の種類が多いことが特徴です。マッサージピールやウルセラなどが選択でき、美肌を目指したい方にもおすすめです。

ダーマペン施術後の肌のダメージをスピーディーに回復したい方や、加齢に伴う肌悩みのケアをしたい方は、リジェンスキンマスクを併用する方法が有効です。

リジェンスキンマスクは、スキンケア成分を多く含んだマスクで、ダーマペンの効果を高めることにもつながります。さらに湘南美容医療クリニックでは、ダーマペン4のほか、ACRSダーマペンを選択可能です。

ACRSダーマペンは、目元のたるみや肌の乾燥、シミなど複数の肌悩みにアプローチできます。いちご鼻以外の肌悩みにあわせて、どちらのダーマペンを使用するのかを検討しましょう。

共立美容外科

共立美容外科では、カウンセラーではなく医師が診察をおこない、施術方法やダーマペンのオプションを決めてから見積もりを出します。見積もりで提示された金額以外の追加費用はかかりません。

また共立美容外科では、ダーマペンにヴァンパイアフェイシャルを組み合わせた治療を受けられます。

ヴァンパイアフェイシャルを組み合わせることで、いちご鼻のみではなく、ほうれい線やシワ、目の下のクマやニキビ跡などの肌悩みにアプローチできます。

さらに共立美容外科は、麻酔科医や外科医などの美容医療以外の経験を得た医師のみが、ダーマペンの施術を担当していることが特徴です。

ダーマペン施術後に肌トラブルが起きた場合でも、一般医療の経験もあるベテラン医師がスピーディーに対応するため安心です。

いちご鼻改善のダーマペン施術の流れ

美容医療クリニックでいちご鼻改善のダーマペンを受ける場合、予約からアフターケアまでの流れを確認すると安心です。ここからは、いちご鼻改善のダーマペン施術の流れを紹介します。

1:予約

希望の美容医療クリニックに、カウンセリングの予約を入れます。電話や専用の予約フォームなど、美容医療クリニックごとに予約方法は異なります。

基本的には第3候補日まで決めたあとに必要事項を入力、もしくは電話で伝えて予約を確定しましょう。

2:無料カウンセリング

美容医療クリニックで無料カウンセリングを受ける際は、受付で問診票を記入します。

カウンセラーがカウンセリングを担当する場合は、医師の診察とは別に時間を設けることが一般的です。カウンセリングの際には、料金の説明やダーマペンの効果と仕組み、リスクや副作用などの説明を受けます。

カウンセラーのカウンセリングのほかに医師の診察がある場合は、医師が肌の状態をチェックして施術コースや施術回数を決定します。

美容医療クリニックは、副作用や痛みに不安な方に向けた麻酔オプションを用意していることが大半です。副作用やリスク、痛みなどが不安な方は、カウンセリングで不安を解消してから治療を受けましょう。

3:施術

ダーマペンの施術前にメイクを落とし、洗顔料で汚れを洗い流します。ダーマペン施術前には、化粧水や乳液などは塗りません。洗顔をしたあとは、麻酔クリームを塗り、20分程度時間をおきます。

麻酔の効果が出たら麻酔クリームは拭き取り、ダーマペン施術の開始です。施術は痛みがないのか確認をしながらおこなわれ、施術部位ごとに針の長さを変えます。

4:アフターケア

いちご鼻のダーマペン施術を受けたあとは、クリニックごとに用意されているアフターケアを受けます。フェイスパックやピーリングなど、美容医療クリニックごとにアフターケアの方法が異なります

アフターケアの内容も、カウンセリング時に確認すると安心です。また自宅でのセルフケア方法や、ダウンタイム期間中の注意点についても説明を受け、帰宅します。

自宅で可能ないちご鼻対策・セルフケア

いちご鼻は美容医療クリニックで受けるダーマペンで改善可能です。

しかし、いちご鼻でのセルフケアで目立たない状態にしたり、予防できたりする場合もあります。最後に自宅で可能ないちご鼻対策を紹介します。

正しいクレンジング・洗顔

いちご鼻はメイクの成分や肌の汚れが残った状態で、古い角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に蓄積した状態です。毛穴に蓄積した汚れを放置すると、黒ずみが目立ちます。

いちご鼻を予防するためには、毎日メイクや肌の汚れをきちんと洗い流しましょう。肌は強くこすらず、ぬるま湯を使用して洗い流します。クレンジング前に温めたタオルを顔に乗せると毛穴が開き、肌が柔らかくなるため、汚れがスムーズに落ちます。

いちご鼻の手触りがザラザラしている場合は、古い角質を除去するクレイマスクやピーリング、酵素洗顔を取り入れるとよいでしょう。ただし古い角質を除去するスキンケアは肌に刺激が加わるため、頻繁におこなわないことが大切です。

保湿

クレンジングや洗顔をしたあとの肌は毛穴が開き、デリケートな状態です。化粧水を使用して毛穴を引き締め、肌の水分を保持しましょう。化粧水のあとに乳液や美容クリームを使用し、油分を補います

保湿ケアは化粧水、美容液、乳液、美容クリームの順で使用します。ただしスキンケアアイテムやブランドごとに使用方法や順番が異なるため、製品の説明に沿うことが大切です。

化粧水や美容液はコットンを使用したり、手のひらで乗せたりなど、人によって使用方法が異なりますが、いずれの場合も顔全体に均一に浸透させることが重要です。

乳液や美容クリームなど保湿剤を塗る際は、顔の内側から外側へ肌を撫でるように塗りましょう。

食生活・睡眠の見直し

肌のターンオーバーが乱れると毛穴が開き、いちご鼻が目立ちます。肌のターンオーバーが乱れる原因は、睡眠不足や過度なダイエット、喫煙、アルコールの摂取などです。

また紫外線により肌の弾力やハリが低下すると、肌がたるみ、毛穴が雫形になり目立ちます。ストレスを解消し、ホルモンバランスや肌のターンオーバーが乱れないように意識しましょう。

食事の栄養バランスを考慮したうえで、適度な運動を取り入れることもポイントです。

スキンケアや生活習慣を見直しても、いちご鼻を改善できない方や、毛穴の開きやたるみをスキンケアで解消できない方は、ダーマペン施術を受ける方法が有効です。

まとめ

ダーマペンは人間の自然治癒力を活用して肌悩みを解消する美容医療です。肌に細い針で小さい穴を開け、皮膚が穴を治す過程でコラーゲンやエラスチンを生成します。

施術後は肌が乾燥しやすくデリケートになるため、紫外線や乾燥予防などの対策が必要です。しかしダーマペンは、ダウンタイムが短く、生活に支障が出にくいといえます。

また傷が治るまで徐々に肌悩みが改善するため、肌が大きく変化せず、周囲に気づかれにくいことがメリットです。

セルフケアでいちご鼻の悩みを解消できない方や、いちご鼻以外にも肌悩みがある方は、美容医療クリニックのダーマペン施術を検討しましょう。

<参考>
TCB東京中央美容外科
品川美容外科
東京美容外科

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次